北条 重時(ほうじょう しげとき)は、鎌倉時代前期の武士。北条氏の一門。鎌倉幕府2代執権・北条義時の3男。母は正室で比企朝宗の娘・姫の前。極楽寺流の祖。 六波羅探題北方・鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、第3代執権の異母兄・北条泰時から娘婿の第5代執権・北条時頼を補佐して幕政を主導しながら鎌倉幕府政治の安定に大きく寄与した。『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』等の家訓の作者でも知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 北条 重時(ほうじょう しげとき)は、鎌倉時代前期の武士。北条氏の一門。鎌倉幕府2代執権・北条義時の3男。母は正室で比企朝宗の娘・姫の前。極楽寺流の祖。 六波羅探題北方・鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、第3代執権の異母兄・北条泰時から娘婿の第5代執権・北条時頼を補佐して幕政を主導しながら鎌倉幕府政治の安定に大きく寄与した。『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』等の家訓の作者でも知られる。 (ja)
  • 北条 重時(ほうじょう しげとき)は、鎌倉時代前期の武士。北条氏の一門。鎌倉幕府2代執権・北条義時の3男。母は正室で比企朝宗の娘・姫の前。極楽寺流の祖。 六波羅探題北方・鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、第3代執権の異母兄・北条泰時から娘婿の第5代執権・北条時頼を補佐して幕政を主導しながら鎌倉幕府政治の安定に大きく寄与した。『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』等の家訓の作者でも知られる。 (ja)
dbo:alias
  • 相州、奥州、極楽寺殿、極楽寺禅門、極楽寺入道 (ja)
  • 重時、極楽寺観覚 (ja)
  • 相州、奥州、極楽寺殿、極楽寺禅門、極楽寺入道 (ja)
  • 重時、極楽寺観覚 (ja)
dbo:child
dbo:deathDate
  • 1926-01-01 (xsd:date)
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 183336 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7172 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80383412 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 相州、奥州、極楽寺殿、極楽寺禅門、極楽寺入道 (ja)
  • 相州、奥州、極楽寺殿、極楽寺禅門、極楽寺入道 (ja)
prop-ja:墓所
  • 神奈川県鎌倉市の極楽寺 (ja)
  • 神奈川県鎌倉市の極楽寺 (ja)
prop-ja:
  • 側室:家女房筑前局、少納言 (ja)
  • 正室:苅田義季の娘 (ja)
  • 継室:平基親の娘 (ja)
  • 側室:家女房筑前局、少納言 (ja)
  • 正室:苅田義季の娘 (ja)
  • 継室:平基親の娘 (ja)
prop-ja:
  • 為時、長時、時茂、業時、義政、忠時、葛西殿(北条時頼継室)、娘(安達泰盛室)、娘(戸次重秀室)、娘(宇都宮経綱室)、娘(北条公時室)、他 (ja)
  • 為時、長時、時茂、業時、義政、忠時、葛西殿(北条時頼継室)、娘(安達泰盛室)、娘(戸次重秀室)、娘(宇都宮経綱室)、娘(北条公時室)、他 (ja)
prop-ja:官位
  • 修理権亮、従五位下、駿河守、従五位上、相模守、正五位下、従四位下、従四位上、陸奥守 (ja)
  • 修理権亮、従五位下、駿河守、従五位上、相模守、正五位下、従四位下、従四位上、陸奥守 (ja)
prop-ja:幕府
  • 鎌倉幕府六波羅探題北方→連署 (ja)
  • 鎌倉幕府六波羅探題北方→連署 (ja)
prop-ja:改名
  • 重時、極楽寺観覚 (ja)
  • 重時、極楽寺観覚 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --11-03
prop-ja:氏名
  • 北条重時 / 極楽寺重時 (ja)
  • 北条重時 / 極楽寺重時 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:北条義時、母:姫の前 (ja)
  • 父:北条義時、母:姫の前 (ja)
prop-ja:生誕
  • --06-06
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 北条 重時(ほうじょう しげとき)は、鎌倉時代前期の武士。北条氏の一門。鎌倉幕府2代執権・北条義時の3男。母は正室で比企朝宗の娘・姫の前。極楽寺流の祖。 六波羅探題北方・鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、第3代執権の異母兄・北条泰時から娘婿の第5代執権・北条時頼を補佐して幕政を主導しながら鎌倉幕府政治の安定に大きく寄与した。『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』等の家訓の作者でも知られる。 (ja)
  • 北条 重時(ほうじょう しげとき)は、鎌倉時代前期の武士。北条氏の一門。鎌倉幕府2代執権・北条義時の3男。母は正室で比企朝宗の娘・姫の前。極楽寺流の祖。 六波羅探題北方・鎌倉幕府連署など幕府の要職を歴任し、第3代執権の異母兄・北条泰時から娘婿の第5代執権・北条時頼を補佐して幕政を主導しながら鎌倉幕府政治の安定に大きく寄与した。『六波羅殿御家訓』『極楽寺殿御消息』等の家訓の作者でも知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 北条重時 (ja)
  • 北条重時 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 北条重時 / 極楽寺重時 (ja)
  • 北条重時 / 極楽寺重時 (ja)
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is prop-ja:父母 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of