佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日(1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日(1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家(経済学者)、農学者、兵学者、でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父のと各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を、国学を平田篤胤、神道をにそれぞれ学び、さらに本草学・蘭学を宇田川玄随や大槻玄沢に、天文暦数をに学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『』『農政本論』がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日(1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日(1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家(経済学者)、農学者、兵学者、でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父のと各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を、国学を平田篤胤、神道をにそれぞれ学び、さらに本草学・蘭学を宇田川玄随や大槻玄沢に、天文暦数をに学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『』『農政本論』がある。 (ja)
  • 佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日(1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日(1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家(経済学者)、農学者、兵学者、でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父のと各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を、国学を平田篤胤、神道をにそれぞれ学び、さらに本草学・蘭学を宇田川玄随や大槻玄沢に、天文暦数をに学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『』『農政本論』がある。 (ja)
dbo:alias
  • 万松斎 (ja)
  • 元海 (ja)
  • 松庵 (ja)
  • 椿園 (ja)
  • 百祐 (ja)
  • 融斎 (ja)
  • 万松斎 (ja)
  • 元海 (ja)
  • 松庵 (ja)
  • 椿園 (ja)
  • 百祐 (ja)
  • 融斎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 574143 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16889 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79154328 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別名
  • 万松斎 (ja)
  • 元海 (ja)
  • 松庵 (ja)
  • 椿園 (ja)
  • 百祐 (ja)
  • 融斎 (ja)
  • 万松斎 (ja)
  • 元海 (ja)
  • 松庵 (ja)
  • 椿園 (ja)
  • 百祐 (ja)
  • 融斎 (ja)
prop-ja:
  • 渡辺氏 (ja)
  • 笹岡氏 (ja)
  • 渡辺氏 (ja)
  • 笹岡氏 (ja)
prop-ja:
  • 4 (xsd:integer)
  • 嫡子:佐藤信照 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • 82 (xsd:integer)
  • --01-06
  • --02-17
prop-ja:氏名
  • 佐藤信淵 (ja)
  • (さとう のぶひろ) (ja)
  • 佐藤信淵 (ja)
  • (さとう のぶひろ) (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 実父:佐藤信季 (ja)
  • 実父:佐藤信季 (ja)
prop-ja:生誕
  • --06-15
  • --07-18
prop-ja:画像
  • Satoh-Nobuhiro2.jpg (ja)
  • Satoh-Nobuhiro2.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 佐藤信淵(1769-1850) (ja)
  • 佐藤信淵(1769-1850) (ja)
prop-ja:
  • 出羽国久保田藩郷士 → 徳島藩 → 盛岡藩 (ja)
  • 出羽国久保田藩郷士 → 徳島藩 → 盛岡藩 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日(1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日(1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家(経済学者)、農学者、兵学者、でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父のと各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を、国学を平田篤胤、神道をにそれぞれ学び、さらに本草学・蘭学を宇田川玄随や大槻玄沢に、天文暦数をに学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『』『農政本論』がある。 (ja)
  • 佐藤 信淵(さとう のぶひろ、明和6年6月15日(1769年7月18日) - 嘉永3年1月6日(1850年2月17日))は、江戸時代後期の絶対主義的思想家であり、経世家(経済学者)、農学者、兵学者、でもある。本業は医師。出羽国雄勝郡西馬音内前郷村または郡山村(ともに、現秋田県雄勝郡羽後町)出身。通称(幼名)は百祐(ももすけ)、字は元海、号は松庵・万松斎・融斎・椿園。幼少から父のと各地を旅行して見聞を広め、のち江戸に出て儒学を、国学を平田篤胤、神道をにそれぞれ学び、さらに本草学・蘭学を宇田川玄随や大槻玄沢に、天文暦数をに学んだ。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及び、主著に『宇内混同秘策』『』『農政本論』がある。 (ja)
rdfs:label
  • 佐藤信淵 (ja)
  • 佐藤信淵 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 佐藤信淵 (ja)
  • (さとう のぶひろ) (ja)
  • 佐藤信淵 (ja)
  • (さとう のぶひろ) (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:祭神 of
is foaf:primaryTopic of