伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。しかし、未明に起きた甘粕事件で甘粕正彦憲兵大尉らにより大杉らとともに殺害された。

Property Value
dbo:abstract
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。しかし、未明に起きた甘粕事件で甘粕正彦憲兵大尉らにより大杉らとともに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で甘粕正彦らに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。しかし、未明に起きた甘粕事件で甘粕正彦憲兵大尉らにより大杉らとともに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で甘粕正彦らに殺害された。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1923-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1914-01-01 (xsd:gYear)
dbo:birthName
  • 伊藤 ノヱ (ja)
  • 伊藤 ノヱ (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1923-09-16 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:language
dbo:nationality
dbo:occupation
dbo:partner
dbo:restingPlace
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20391 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16156 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 16407 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81219599 (xsd:integer)
  • 86756924 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 上野高等女学校 (ja)
  • 上野高等女学校 (ja)
prop-ja:birthDate
  • --01-21
prop-ja:birthName
  • 伊藤 ノヱ (ja)
  • 伊藤 ノヱ (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 福岡県糸島郡今宿村 (ja)
  • 福岡県糸島郡今宿村 (ja)
prop-ja:caption
  • 『伊藤野枝全集〈上〉』(学藝書林)より。 (ja)
  • 『伊藤野枝全集〈上〉』(学藝書林)より。 (ja)
prop-ja:children
  • 、流二、魔子、エマ(幸子)、エマ(笑子)、ルイズ、ネストル (ja)
  • 、流二、魔子、エマ(幸子)、エマ(笑子)、ルイズ(ルイ)、ネストル (ja)
  • 、流二、魔子、エマ(幸子)、エマ(笑子)、ルイズ、ネストル (ja)
  • 、流二、魔子、エマ(幸子)、エマ(笑子)、ルイズ(ルイ)、ネストル (ja)
prop-ja:date
  • 20160731043409 (xsd:decimal)
prop-ja:deathDate
  • 1923-09-16 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都東京市 (ja)
  • 東京都東京市 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『婦人解放の悲劇 エンマ・ゴルドマン』 (ja)
  • 『婦人解放の悲劇 エンマ・ゴルドマン』 (ja)
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 伊藤 野枝 (ja)
  • 伊藤 野枝 (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:partner
prop-ja:period
  • 1914 (xsd:integer)
prop-ja:restingPlace
  • 雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区) (ja)
  • 雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区) (ja)
prop-ja:spouse
prop-ja:subject
  • 婦人解放運動 (ja)
  • 婦人解放運動 (ja)
prop-ja:title
  • art rando - 人生のセイムスケール - age 28 (ja)
  • art rando - 人生のセイムスケール - age 28 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。しかし、未明に起きた甘粕事件で甘粕正彦憲兵大尉らにより大杉らとともに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で甘粕正彦らに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。しかし、未明に起きた甘粕事件で甘粕正彦憲兵大尉らにより大杉らとともに殺害された。 (ja)
  • 伊藤 野枝(いとう のえ、1895年〈明治28年〉1月21日 - 1923年〈大正12年〉9月16日)は、日本の婦人解放運動家、無政府主義者、作家、翻訳家、編集者。戸籍名では伊藤ノヱ。 雑誌『青鞜』で活躍するも、のち受け継いだ編集を放棄してこれを休刊。不倫を堂々と行い、結婚制度を否定する論文を書き、戸籍上の夫である辻潤を捨てて大杉栄の妻、愛人と四角関係を演じた。世評にわがまま、奔放と言われた反面、現代的自我の精神を50年以上先取りして、人工妊娠中絶(堕胎)、売買春(廃娼)、貞操など、今日でも問題となっている課題を題材とし、多くの評論、小説や翻訳を発表した。甘粕事件で甘粕正彦らに殺害された。 (ja)
rdfs:label
  • 伊藤野枝 (ja)
  • 伊藤野枝 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 伊藤 野枝 (ja)
  • 伊藤 野枝 (ja)
is dbo:partner of
is dbo:relation of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:死亡 of
is prop-ja:非婚配偶者 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of