一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。末安(すえやす)の名でも知られる。弟に一柳直盛がいる。 秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『』がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。末安(すえやす)の名でも知られる。弟に一柳直盛がいる。 秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『』がある。 (ja)
  • 一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。末安(すえやす)の名でも知られる。弟に一柳直盛がいる。 秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『』がある。 (ja)
dbo:alias
  • 大通院殿天叟長運大禅定門 (ja)
  • 熊(幼名)、市助(または市介) (ja)
  • 直末、末安 (ja)
  • 大通院殿天叟長運大禅定門 (ja)
  • 熊(幼名)、市助(または市介) (ja)
  • 直末、末安 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 196285 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18893 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91406442 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
prop-en:主君
prop-en:兄弟
  • 直末、女(小川祐忠室)、直盛、直道 (ja)
  • 直末、女(小川祐忠室)、直盛、直道 (ja)
prop-en:別名
  • 熊(幼名)、市助(または市介) (ja)
  • 熊(幼名)、市助(または市介) (ja)
prop-en:墓所
  • 静岡県駿東郡長泉町下長窪の「首塚」 (ja)
  • 静岡県三島市山中新田の宗閑寺 (ja)
  • 静岡県駿東郡長泉町下長窪の「首塚」 (ja)
  • 静岡県三島市山中新田の宗閑寺 (ja)
prop-en:
  • 心誉(黒田職隆の娘、黒田孝高の妹) (ja)
  • 心誉(黒田職隆の娘、黒田孝高の妹) (ja)
prop-en:
  • 松千代(松寿)、 (ja)
  • 松千代(松寿)、 (ja)
prop-en:官位
  • 従五位下伊豆守 (ja)
  • 従五位下伊豆守 (ja)
prop-en:戒名
  • 大通院殿天叟長運大禅定門 (ja)
  • 大通院殿天叟長運大禅定門 (ja)
prop-en:改名
  • 直末、末安 (ja)
  • 直末、末安 (ja)
prop-en:時代
prop-en:死没
  • 0001-03-29 (xsd:gMonthDay)
prop-en:氏名
  • 一柳 直末 (ja)
  • 一柳 直末 (ja)
prop-en:氏族
prop-en:父母
  • 父:一柳直高 母:稲葉一鉄の姪 (ja)
  • 父:一柳直高 母:稲葉一鉄の姪 (ja)
prop-en:生誕
  • 天文22年(1553年) (ja)
  • (別説に天文15年(1546年)) (ja)
  • 天文22年(1553年) (ja)
  • (別説に天文15年(1546年)) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。末安(すえやす)の名でも知られる。弟に一柳直盛がいる。 秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『』がある。 (ja)
  • 一柳 直末(ひとつやなぎ なおすえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。豊臣秀吉に早い時期から仕えて黄母衣衆の一人となり、豊臣政権下で美濃国大垣城主・軽海城主などを務めたが、山中城の戦いで戦死した。末安(すえやす)の名でも知られる。弟に一柳直盛がいる。 秀吉がまだ木下を称していた時期からの「子飼いの家来」とも評される人物で、秀吉からの多くの書状が伝えられている。直末・直盛兄弟の武功記として、直末の甥(直盛の子)にあたる直良が記した『』がある。 (ja)
rdfs:label
  • 一柳直末 (ja)
  • 一柳直末 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 一柳 直末 (ja)
  • 一柳 直末 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:revamp of
is prop-en:rulers of
is prop-en:主君 of
is prop-en:兄弟 of
is prop-en: of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of