ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースやラグタイムをルーツとしている。1920年代のジャズ・エイジ以降、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の音楽的な親子関係という共通の絆で結ばれた、伝統音楽やポピュラー音楽の主要な音楽表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったがこれは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム、即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽の表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある。

Property Value
dbo:abstract
  • ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースやラグタイムをルーツとしている。1920年代のジャズ・エイジ以降、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の音楽的な親子関係という共通の絆で結ばれた、伝統音楽やポピュラー音楽の主要な音楽表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったがこれは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム、即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽の表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある。 ジャズが世界中に広まるにつれ、国や地域、地元の音楽文化が取り入れられ、さまざまなスタイルが生まれた。ニューオリンズのジャズは1910年代初頭に始まり、それまでのブラスバンドのマーチ、フランスのカドリーユ、ラグタイム、ブルースに、ポリフォニックな即興演奏を組み合わせたものであった。1930年代には、アレンジされたダンス志向のスウィング・ビッグバンド、カンザス・シティ・ジャズ、ジプシー・ジャズ(ミュゼットワルツを強調したスタイル)などのスタイルが知られるようになった。初期のジャズの代表的なミュージシャンには、ルイ・アームストロング、デューク・エリントンらがいた。白人のポール・ホワイトマンを”キング・オブ・ジャズ”と呼んだ評論家たちは、後にその誤りを自嘲的に語ることになった。1940年代に登場したチャーリー・パーカーらによるビバップは、ジャズをダンサブルなポピュラー音楽から、より速いテンポで演奏され、複雑な即興演奏を多用する、ミュージシャンのための音楽へと変化させた。1940年代の終わり頃には、より滑らかなサウンドと、メロディラインを取り入れたクール・ジャズが登場した。 1950年代半ばにはハード・バップが登場し、サックスやピアノの演奏にリズム&ブルース、ゴスペル、ブルースなどの影響を取り入れた。1950年代後半には、モードを音楽構造の基礎とするモーダル・ジャズが発展し、即興・アドリヴが重視された。フリー・ジャズは、西洋音楽の規則的な音階や拍子、形式的な音楽構造にとらわれない自由な演奏を追求したが、それはそれまで長年構築されてきた西洋音楽の秩序を崩壊させるものであった。1960年代末から1970年代前半にかけては、ジャズとロックのリズム、電気楽器を組み合わせたクロスオーバーが登場し、70年代後半にはジャズ・ロック・フュージョンへと変化した。1980年代には、スムーズジャズと呼ばれるジャズ・フュージョンの後継である商業的なジャズが成功を収め、ラジオで放送された。1990年代に入ると、ジャズ・ラップやニュー・ジャズなど、さまざまなスタイルやジャンルが登場した。 (ja)
  • ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースやラグタイムをルーツとしている。1920年代のジャズ・エイジ以降、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の音楽的な親子関係という共通の絆で結ばれた、伝統音楽やポピュラー音楽の主要な音楽表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったがこれは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム、即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽の表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある。 ジャズが世界中に広まるにつれ、国や地域、地元の音楽文化が取り入れられ、さまざまなスタイルが生まれた。ニューオリンズのジャズは1910年代初頭に始まり、それまでのブラスバンドのマーチ、フランスのカドリーユ、ラグタイム、ブルースに、ポリフォニックな即興演奏を組み合わせたものであった。1930年代には、アレンジされたダンス志向のスウィング・ビッグバンド、カンザス・シティ・ジャズ、ジプシー・ジャズ(ミュゼットワルツを強調したスタイル)などのスタイルが知られるようになった。初期のジャズの代表的なミュージシャンには、ルイ・アームストロング、デューク・エリントンらがいた。白人のポール・ホワイトマンを”キング・オブ・ジャズ”と呼んだ評論家たちは、後にその誤りを自嘲的に語ることになった。1940年代に登場したチャーリー・パーカーらによるビバップは、ジャズをダンサブルなポピュラー音楽から、より速いテンポで演奏され、複雑な即興演奏を多用する、ミュージシャンのための音楽へと変化させた。1940年代の終わり頃には、より滑らかなサウンドと、メロディラインを取り入れたクール・ジャズが登場した。 1950年代半ばにはハード・バップが登場し、サックスやピアノの演奏にリズム&ブルース、ゴスペル、ブルースなどの影響を取り入れた。1950年代後半には、モードを音楽構造の基礎とするモーダル・ジャズが発展し、即興・アドリヴが重視された。フリー・ジャズは、西洋音楽の規則的な音階や拍子、形式的な音楽構造にとらわれない自由な演奏を追求したが、それはそれまで長年構築されてきた西洋音楽の秩序を崩壊させるものであった。1960年代末から1970年代前半にかけては、ジャズとロックのリズム、電気楽器を組み合わせたクロスオーバーが登場し、70年代後半にはジャズ・ロック・フュージョンへと変化した。1980年代には、スムーズジャズと呼ばれるジャズ・フュージョンの後継である商業的なジャズが成功を収め、ラジオで放送された。1990年代に入ると、ジャズ・ラップやニュー・ジャズなど、さまざまなスタイルやジャンルが登場した。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 543 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 35809 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88233922 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolor
  • pink (ja)
  • pink (ja)
prop-ja:color
  • black (ja)
  • black (ja)
prop-ja:culturalOrigins
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:derivatives
  • * フュージョン * ジャンプブルース * ジャイヴ * ファンク * スカ (ja)
  • * フュージョン * ジャンプブルース * ジャイヴ * ファンク * スカ (ja)
prop-ja:fusiongenres
  • * アシッドジャズ * アフロビート * ボサノヴァ * * * フリー・ファンク * * ジャム・バンド * パンク・ジャズ * ジャズ・ファンク * ジャズ・ロック * ジャズ・ラップ * * ニュージャズ * * スムーズジャズ * (ja)
  • * アシッドジャズ * アフロビート * ボサノヴァ * * * フリー・ファンク * * ジャム・バンド * パンク・ジャズ * ジャズ・ファンク * ジャズ・ロック * ジャズ・ラップ * * ニュージャズ * * スムーズジャズ * (ja)
prop-ja:instruments
prop-ja:name
  • ジャズ (ja)
  • ジャズ (ja)
prop-ja:otherTopics
  • * スタンダード・ナンバー (ja)
  • * スタンダード・ナンバー (ja)
prop-ja:stylisticOrigins
  • ブルース、ラグタイム、黒人霊歌、ワーク・ソング、、 (ja)
  • ブルース、ラグタイム、黒人霊歌、ワーク・ソング、、 (ja)
prop-ja:subgenres
  • * アヴァンギャルド・ジャズ * ビッグバンド * ビバップ * チェンバー・ジャズ * クール・ジャズ * フリー・ジャズ * ジプシー・ジャズ * ハード・バップ * ラテン・ジャズ * コンテンポラリー・ジャズ * モード・ジャズ * * * * ソウル・ジャズ * スウィング・ジャズ * (ja)
  • * アヴァンギャルド・ジャズ * ビッグバンド * ビバップ * チェンバー・ジャズ * クール・ジャズ * フリー・ジャズ * ジプシー・ジャズ * ハード・バップ * ラテン・ジャズ * コンテンポラリー・ジャズ * モード・ジャズ * * * * ソウル・ジャズ * スウィング・ジャズ * (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースやラグタイムをルーツとしている。1920年代のジャズ・エイジ以降、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の音楽的な親子関係という共通の絆で結ばれた、伝統音楽やポピュラー音楽の主要な音楽表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったがこれは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム、即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽の表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある。 (ja)
  • ジャズ(英: jazz)は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人コミュニティで生まれた音楽ジャンルで、ブルースやラグタイムをルーツとしている。1920年代のジャズ・エイジ以降、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の音楽的な親子関係という共通の絆で結ばれた、伝統音楽やポピュラー音楽の主要な音楽表現として認識されるようになった。ジャズの特徴は、スウィングするリズムや、裏の音符の多いシンコペーションのあるリズム、初期にブルースの影響を受けた(ブルーノートもあったがこれは基本的にはブルースである)複雑なコード、複雑なスケール、コールアンドレスポンス・ボーカル、ポリリズム、即興演奏などである。ジャズのルーツは、西アフリカの文化と音楽の表現、そしてアフリカ系アメリカ人の音楽の伝統にある。 (ja)
rdfs:label
  • ジャズ (ja)
  • ジャズ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:influenced of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:background of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:derivatives of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:genres of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:misc1Data of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:stylisticOrigins of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:職業 of
is dct:subject of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of