コミュニティバス(community bus、通称コミバス)とは、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が運行するバスである。狭隘路など交通空白地帯の解消のため、また交通事業者が赤字路線から撤退した後、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段が失われないよう、市区町村等が費用を負担してバスを委託運行することが多い。 「コミュニティバス」は法的に明確に定義されている概念ではない。法的には一般路線バス(乗合バス)と同様、道路運送法などの規定に従う。国土交通省の「コミュニティバスの導入に関するガイドライン」では、「本ガイドラインで『コミュニティバス』とは、交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、市町村等が主体的に計画し、以下の方法により運行するものをいう」として「(1)一般乗合旅客自動車運送事業者に委託して運送を行う乗合バス(乗車定員11人未満の車両を用いる乗合タクシーを含む。)(2)市町村自らが自家用有償旅客運送者の登録を受けて行う市町村運営有償運送」と定義している。

Property Value
dbo:abstract
  • コミュニティバス(community bus、通称コミバス)とは、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が運行するバスである。狭隘路など交通空白地帯の解消のため、また交通事業者が赤字路線から撤退した後、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段が失われないよう、市区町村等が費用を負担してバスを委託運行することが多い。 「コミュニティバス」は法的に明確に定義されている概念ではない。法的には一般路線バス(乗合バス)と同様、道路運送法などの規定に従う。国土交通省の「コミュニティバスの導入に関するガイドライン」では、「本ガイドラインで『コミュニティバス』とは、交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、市町村等が主体的に計画し、以下の方法により運行するものをいう」として「(1)一般乗合旅客自動車運送事業者に委託して運送を行う乗合バス(乗車定員11人未満の車両を用いる乗合タクシーを含む。)(2)市町村自らが自家用有償旅客運送者の登録を受けて行う市町村運営有償運送」と定義している。 なお、公共交通機関を利用できない高齢者や障害者の移動手段を確保する施策としては、日本で採用されているコミュニティバスのほかに、米国などで採用されている個別移送サービスであるや、スウェーデンなどで採用されているタクシー車両などを利用する予約制のフレックスルートバスなどもある。本稿では日本におけるコミュニティバスについて説明する。 (ja)
  • コミュニティバス(community bus、通称コミバス)とは、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が運行するバスである。狭隘路など交通空白地帯の解消のため、また交通事業者が赤字路線から撤退した後、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段が失われないよう、市区町村等が費用を負担してバスを委託運行することが多い。 「コミュニティバス」は法的に明確に定義されている概念ではない。法的には一般路線バス(乗合バス)と同様、道路運送法などの規定に従う。国土交通省の「コミュニティバスの導入に関するガイドライン」では、「本ガイドラインで『コミュニティバス』とは、交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、市町村等が主体的に計画し、以下の方法により運行するものをいう」として「(1)一般乗合旅客自動車運送事業者に委託して運送を行う乗合バス(乗車定員11人未満の車両を用いる乗合タクシーを含む。)(2)市町村自らが自家用有償旅客運送者の登録を受けて行う市町村運営有償運送」と定義している。 なお、公共交通機関を利用できない高齢者や障害者の移動手段を確保する施策としては、日本で採用されているコミュニティバスのほかに、米国などで採用されている個別移送サービスであるや、スウェーデンなどで採用されているタクシー車両などを利用する予約制のフレックスルートバスなどもある。本稿では日本におけるコミュニティバスについて説明する。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 25064 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22524 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 23104 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81327980 (xsd:integer)
  • 86434703 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • コミュニティバス(community bus、通称コミバス)とは、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が運行するバスである。狭隘路など交通空白地帯の解消のため、また交通事業者が赤字路線から撤退した後、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段が失われないよう、市区町村等が費用を負担してバスを委託運行することが多い。 「コミュニティバス」は法的に明確に定義されている概念ではない。法的には一般路線バス(乗合バス)と同様、道路運送法などの規定に従う。国土交通省の「コミュニティバスの導入に関するガイドライン」では、「本ガイドラインで『コミュニティバス』とは、交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、市町村等が主体的に計画し、以下の方法により運行するものをいう」として「(1)一般乗合旅客自動車運送事業者に委託して運送を行う乗合バス(乗車定員11人未満の車両を用いる乗合タクシーを含む。)(2)市町村自らが自家用有償旅客運送者の登録を受けて行う市町村運営有償運送」と定義している。 (ja)
  • コミュニティバス(community bus、通称コミバス)とは、地域住民の移動手段を確保するために地方自治体等が運行するバスである。狭隘路など交通空白地帯の解消のため、また交通事業者が赤字路線から撤退した後、高齢者や障害者、学生や児童など交通弱者の交通手段が失われないよう、市区町村等が費用を負担してバスを委託運行することが多い。 「コミュニティバス」は法的に明確に定義されている概念ではない。法的には一般路線バス(乗合バス)と同様、道路運送法などの規定に従う。国土交通省の「コミュニティバスの導入に関するガイドライン」では、「本ガイドラインで『コミュニティバス』とは、交通空白地域・不便地域の解消等を図るため、市町村等が主体的に計画し、以下の方法により運行するものをいう」として「(1)一般乗合旅客自動車運送事業者に委託して運送を行う乗合バス(乗車定員11人未満の車両を用いる乗合タクシーを含む。)(2)市町村自らが自家用有償旅客運送者の登録を受けて行う市町村運営有償運送」と定義している。 (ja)
rdfs:label
  • コミュニティバス (ja)
  • コミュニティバス (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:data of
is prop-ja:種類 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of