アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀のローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。 本名はロデリク・ランソル(Roderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)の名前で知られることになる。 ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。

Property Value
dbo:abstract
  • アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀のローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。 本名はロデリク・ランソル(Roderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)の名前で知られることになる。 ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。 (ja)
  • アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀のローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。 本名はロデリク・ランソル(Roderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)の名前で知られることになる。 ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 143830 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14852 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 14887 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78165386 (xsd:integer)
  • 84979017 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-10
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1503年没 (ja)
  • 人1503年没 (ja)
prop-ja:タイトル
  • 第214代ローマ教皇 (ja)
  • 第214代ローマ教皇 (ja)
prop-ja:先代
prop-ja:
prop-ja:就任
  • --08-11
prop-ja:日本語名
  • アレクサンデル6世 (ja)
  • Alexander VI (ja)
  • アレクサンデル6世 (ja)
  • Alexander VI (ja)
prop-ja:曖昧
  • アレクサンデル (ja)
  • アレクサンデル (ja)
prop-ja:本名
  • (ja)
  • ロドリーゴ・ボルジア (ja)
  • (ja)
  • ロドリーゴ・ボルジア (ja)
prop-ja:次代
prop-ja:母校
prop-ja:没地
  • 、ローマ (ja)
  • 、ローマ (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1503-08-18 (xsd:date)
prop-ja:生地
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:生年月日
  • --01-01
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:離任
  • --08-18
dct:subject
rdfs:comment
  • アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀のローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。 本名はロデリク・ランソル(Roderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)の名前で知られることになる。 ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。 (ja)
  • アレクサンデル6世(Alexander VI, 1431年1月1日 - 1503年8月18日)は、15世紀のローマ教皇(在位:1492年 - 1503年)。 本名はロデリク・ランソル(Roderic Lanzol)であるが、母方の伯父であるカリストゥス3世の教皇就任に伴って、母方の苗字であるボルハ(ボルジャ、Borja)に変えたため、ロデリク・ボルハのイタリア語読みであるロドリーゴ・ボルジア(Rodrigo Borgia)の名前で知られることになる。 ルネサンス期の世俗化した教皇の代表的存在であり、好色さ、強欲さやジロラモ・サヴォナローラとの対立によっても非難されることが多い。また、息子のチェーザレ・ボルジアを右腕とし、一族の繁栄とローマ教皇庁の軍事的自立に精力を注いだことで、イタリアを戦火に投じることになった。 (ja)
rdfs:label
  • アレクサンデル6世 (ローマ教皇) (ja)
  • アレクサンデル6世 (ローマ教皇) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:次代 of
is prop-ja:著名な人物 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of