Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 縞模様(しまもよう)は、2色以上の異なる色を用い、複数の並行するもしくは交差する線で構成された文様の総称。縞柄あるいは縞とも。縦縞・横縞・格子縞に大別され、英語を借りて、ストライプ(英語: stripe、縦縞・横縞)、チェック(英語: check、格子)等とも呼ぶ。「縞」は本来は白絹・練絹を意味する漢字である。日本語では、古くは縞模様を筋や条、段、また縦横に交差するものを格子と呼んだが、16世紀以降、舶来品として縞地の織物が流行し、これを「島渡り」「島物」「奥島」等と呼んだところから、転じて複数の線から成る文様を「縞」と呼ぶようになった。言語によっては、線が平行する模様と交差する模様をよりはっきりと区別する場合もある。縞模様の布地は古来より世界各地で生産され、模様として認識しやすいことなどから、縞模様の衣服や飾り等が特定の意味合いを持たされた例も数多い。縞模様には視覚的にモアレと呼ばれる現象を生じることが知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 231330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57238745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:領域
  • 日本とヨーロッパのみ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 縞模様(しまもよう)は、2色以上の異なる色を用い、複数の並行するもしくは交差する線で構成された文様の総称。縞柄あるいは縞とも。縦縞・横縞・格子縞に大別され、英語を借りて、ストライプ(英語: stripe、縦縞・横縞)、チェック(英語: check、格子)等とも呼ぶ。「縞」は本来は白絹・練絹を意味する漢字である。日本語では、古くは縞模様を筋や条、段、また縦横に交差するものを格子と呼んだが、16世紀以降、舶来品として縞地の織物が流行し、これを「島渡り」「島物」「奥島」等と呼んだところから、転じて複数の線から成る文様を「縞」と呼ぶようになった。言語によっては、線が平行する模様と交差する模様をよりはっきりと区別する場合もある。縞模様の布地は古来より世界各地で生産され、模様として認識しやすいことなどから、縞模様の衣服や飾り等が特定の意味合いを持たされた例も数多い。縞模様には視覚的にモアレと呼ばれる現象を生じることが知られている。
rdfs:label
  • 縞模様
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of