Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会科学(しゃかいかがく、英語:social science)とは、自然と対比された社会についての科学的な認識活動およびその活動によって生み出された知識の体系である。人間の社会の様々な面を科学的に探求する学術分野の総体である。社会科学における「社会」という概念は、自然と対比されているものであるが、この「自然 / 社会」という対比は、遡れば古代ギリシャの「フュシス / ノモス」という対比的概念にまで遡ることができる。「社会科学」に分類される学問領域としては、人類学、考古学、経済学、地理学、歴史学、法学、言語学、政治学、国際研究、コミュニケーションが含まれ、そして、ある文脈上では 心理学もこれに該当する。国際関係学や社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)のような題材は、基本的に応用面に重きを置かれる(を考慮する)ものであり、それ自体は「社会科学」の構成要素ではないとされる。そもそも、現在存在する学問領域は、歴史を遡れば哲学に含まれていた(哲学の一部であった)ものであり、18世紀後半から19世紀頃に学問の再編成が行われ、専門分野として分化したことによって生まれてきた。現在「社会科学」とされる諸領域の多くも、同様である。社会科学は、客観的に社会の真実を探求する事とともに、人類にとっての有益を追求する。また、文科系学問において基礎となる間主体的な洞察力、および、自然科学に由来する客観的視点を両立することで成立する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57958870 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会科学(しゃかいかがく、英語:social science)とは、自然と対比された社会についての科学的な認識活動およびその活動によって生み出された知識の体系である。人間の社会の様々な面を科学的に探求する学術分野の総体である。社会科学における「社会」という概念は、自然と対比されているものであるが、この「自然 / 社会」という対比は、遡れば古代ギリシャの「フュシス / ノモス」という対比的概念にまで遡ることができる。「社会科学」に分類される学問領域としては、人類学、考古学、経済学、地理学、歴史学、法学、言語学、政治学、国際研究、コミュニケーションが含まれ、そして、ある文脈上では 心理学もこれに該当する。国際関係学や社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)のような題材は、基本的に応用面に重きを置かれる(を考慮する)ものであり、それ自体は「社会科学」の構成要素ではないとされる。そもそも、現在存在する学問領域は、歴史を遡れば哲学に含まれていた(哲学の一部であった)ものであり、18世紀後半から19世紀頃に学問の再編成が行われ、専門分野として分化したことによって生まれてきた。現在「社会科学」とされる諸領域の多くも、同様である。社会科学は、客観的に社会の真実を探求する事とともに、人類にとっての有益を追求する。また、文科系学問において基礎となる間主体的な洞察力、および、自然科学に由来する客観的視点を両立することで成立する。
rdfs:label
  • 社会科学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:field of
is dbpedia-owl:literaryGenre of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:主要出版物 of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:分野 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:特記すべき概念 of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of