Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抗精神病薬(こうせいしんびょうやく、英:Antipsychotics)は、広義の向精神薬の一種で、主に統合失調症や躁状態の治療に承認されている精神科の薬である。過去には、神経弛緩薬(Neuroleptics)あるいはメジャートランキライザー(Major tranquilizers)とも呼ばれ、1950年代には単にトランキライザーと呼ばれた。薬事法における劇薬に指定されるものが多い。以前の定型抗精神病薬と、新世代の非定型抗精神病薬が差別化されるが、大規模試験は統合失調症に対しての有効性や副作用である錐体外路症状の発現率にに大きな違いがないことを示している。非定型の抗精神病薬は、大脳辺縁系に集中して作用するために錐体外路症状が少ないとされていたが、そのような特性は観察されていない。うつ病に対しては、抗うつ薬と同じで、見出された偽薬に対する有効性の統計的な差は臨床的に無意味な差である。定型/非定型抗精神病薬は、それ以外にも幅広い精神疾患に使用される。単に適応が認められていないばかりでなく、小児や高齢者では死亡リスクを高めることが実証されているために、適応外使用の違法なマーケティングに対し、非定型抗精神病薬のエビリファイ(アリピプラゾール)、ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)、リスパダール(リスペリドン)と罰金の史上最高額を塗り替えている。定型/非定型抗精神病薬の副作用として、口渇、便秘、無意識的に身体が動く錐体外路症状や、肥満といった代謝の異常、母乳が出るといった高プロラクチン血症、その他があり、併存する可能性がある。代謝の異常は、特に非定型抗精神病薬に特徴的である。抗精神病薬を服用している患者の代謝の監視が日常的に適切に行われていないことが多く、約90%の患者が1つ以上の代謝性の危険因子を持ち、約30%がメタボリックシンドロームである。さらに抗精神病薬の使用は高い無職率の原因となっている。また服薬を中断する場合#離脱症状が生じる可能性がある。#有効性節以下で示されるが、効果がなかったり副作用のため服薬の中止が多い薬剤である。PET(ポジトロン断層法)から、高プロラクチン血症や錐体外路などの副作用が生じるよりも少ない量で有効な反応がみられることが明らかになっている。しかしながら、不適切な多剤大量処方の注意喚起がなされており、このような不適切な処方では、副作用をおさえるという目的で安易に抗パーキンソン病薬が併用されることが特徴である。抗精神病薬の投薬では薬剤数が増えるほどに死亡率が上昇する。2010年には、投与量に伴う治療効果は頭打ちになるが、副作用発現率は上昇していくことや、英米の診療ガイドラインが単剤療法を推奨していることから、抗精神病薬の種類が2種類以下である場合に診療報酬が有利になる改定が行われた。厚生労働省自殺・うつ病等対策プロジェクトチームにより「統合失調症に対する抗精神病薬多剤処方の是正に関するガイドライン」の策定が計画されており、2013年10月にSCAP法という減薬ガイドラインが公開された。大量からの減量は、過感受性精神病という離脱症状としての精神症状の悪化に注意が必要である。抗精神病薬の使用は脳の容積を減少させる。抗精神病薬の使用は若年認知症発症の危険因子である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 98354 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 58412 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59033327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抗精神病薬(こうせいしんびょうやく、英:Antipsychotics)は、広義の向精神薬の一種で、主に統合失調症や躁状態の治療に承認されている精神科の薬である。過去には、神経弛緩薬(Neuroleptics)あるいはメジャートランキライザー(Major tranquilizers)とも呼ばれ、1950年代には単にトランキライザーと呼ばれた。薬事法における劇薬に指定されるものが多い。以前の定型抗精神病薬と、新世代の非定型抗精神病薬が差別化されるが、大規模試験は統合失調症に対しての有効性や副作用である錐体外路症状の発現率にに大きな違いがないことを示している。非定型の抗精神病薬は、大脳辺縁系に集中して作用するために錐体外路症状が少ないとされていたが、そのような特性は観察されていない。うつ病に対しては、抗うつ薬と同じで、見出された偽薬に対する有効性の統計的な差は臨床的に無意味な差である。定型/非定型抗精神病薬は、それ以外にも幅広い精神疾患に使用される。単に適応が認められていないばかりでなく、小児や高齢者では死亡リスクを高めることが実証されているために、適応外使用の違法なマーケティングに対し、非定型抗精神病薬のエビリファイ(アリピプラゾール)、ジプレキサ(オランザピン)、セロクエル(クエチアピン)、リスパダール(リスペリドン)と罰金の史上最高額を塗り替えている。定型/非定型抗精神病薬の副作用として、口渇、便秘、無意識的に身体が動く錐体外路症状や、肥満といった代謝の異常、母乳が出るといった高プロラクチン血症、その他があり、併存する可能性がある。代謝の異常は、特に非定型抗精神病薬に特徴的である。抗精神病薬を服用している患者の代謝の監視が日常的に適切に行われていないことが多く、約90%の患者が1つ以上の代謝性の危険因子を持ち、約30%がメタボリックシンドロームである。さらに抗精神病薬の使用は高い無職率の原因となっている。また服薬を中断する場合#離脱症状が生じる可能性がある。#有効性節以下で示されるが、効果がなかったり副作用のため服薬の中止が多い薬剤である。PET(ポジトロン断層法)から、高プロラクチン血症や錐体外路などの副作用が生じるよりも少ない量で有効な反応がみられることが明らかになっている。しかしながら、不適切な多剤大量処方の注意喚起がなされており、このような不適切な処方では、副作用をおさえるという目的で安易に抗パーキンソン病薬が併用されることが特徴である。抗精神病薬の投薬では薬剤数が増えるほどに死亡率が上昇する。2010年には、投与量に伴う治療効果は頭打ちになるが、副作用発現率は上昇していくことや、英米の診療ガイドラインが単剤療法を推奨していることから、抗精神病薬の種類が2種類以下である場合に診療報酬が有利になる改定が行われた。厚生労働省自殺・うつ病等対策プロジェクトチームにより「統合失調症に対する抗精神病薬多剤処方の是正に関するガイドライン」の策定が計画されており、2013年10月にSCAP法という減薬ガイドラインが公開された。大量からの減量は、過感受性精神病という離脱症状としての精神症状の悪化に注意が必要である。抗精神病薬の使用は脳の容積を減少させる。抗精神病薬の使用は若年認知症発症の危険因子である。
rdfs:label
  • 抗精神病薬
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of