中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71-73代内閣総理大臣に就任。国鉄民営化を成し遂げるとともに、ロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で、貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力。首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。 衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。位階は従一位。勲等は大勲位菊花章頸飾。

Property Value
dbo:abstract
  • 中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71-73代内閣総理大臣に就任。国鉄民営化を成し遂げるとともに、ロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で、貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力。首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。 衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。位階は従一位。勲等は大勲位菊花章頸飾。 (ja)
  • 中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71-73代内閣総理大臣に就任。国鉄民営化を成し遂げるとともに、ロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で、貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力。首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。 衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。位階は従一位。勲等は大勲位菊花章頸飾。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 1922-02-01 (xsd:date)
  • 1927-01-01 (xsd:date)
  • 1930-01-01 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartDate
  • 1925-01-01 (xsd:date)
  • 1927-01-01 (xsd:date)
dbo:birthDate
  • 1918-05-27 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 2019-11-29 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 252505 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 74006 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81552307 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:afternote
  • イタリア (ja)
  • イタリア (ja)
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • 西ドイツ (ja)
  • 西ドイツ (ja)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1986 (xsd:integer)
  • 初代:1968年 - 1978年 (ja)
  • 初代:1978年 - 1990年 (ja)
  • 第11代:1982年 - 1987年 (ja)
  • 第15代:1974年 - 1976年 (ja)
  • 第16代:1971年 - 1972年 (ja)
  • 第21代:1977年 - 1978年 (ja)
  • 第25代:1970年 - 1971年 (ja)
  • 第25代:1972年 (ja)
  • 第34・35代:1972年 - 1974年 (ja)
  • 第38代:1967年 - 1968年 (ja)
  • 第45代:1980年 - 1982年 (ja)
  • 第71・72・73代:1982年 - 1987年 (ja)
  • 第7代:1959年 - 1960年 (ja)
prop-ja:その他職歴
  • dbpedia-ja:日本の国会議員
  • 第38代 運輸大臣 (ja)
  • 第7代 科学技術庁長官 (ja)
  • (第2次佐藤第1次改造内閣) (ja)
  • (第2次岸改造内閣) (ja)
prop-ja:サイン
  • NakasoneY kao.png (ja)
  • NakasoneY kao.png (ja)
prop-ja:人名
  • 中曽根 康弘 (ja)
  • 中曽根 康弘 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 天皇 (ja)
  • 天皇 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 群馬県高崎市末広町 (ja)
  • 群馬県高崎市末広町 (ja)
prop-ja:出身校
  • 東京帝国大学法学部政治学科卒業 (ja)
  • 東京帝国大学法学部政治学科卒業 (ja)
prop-ja:前職
prop-ja:各国語表記
  • なかそね やすひろ (ja)
  • なかそね やすひろ (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:子女
prop-ja:就任日
  • --01-14
  • --04-26
  • --06-18
  • --07-07
  • --07-17
  • --11-25
  • --11-27
prop-ja:所属政党
  • 自由民主党 (ja)
  • (民主党→) (ja)
  • (国民民主党→) (ja)
  • (無所属→) (ja)
  • (自由民主党→) (ja)
  • (日本民主党→) (ja)
  • (改進党→) (ja)
  • 自由民主党 (ja)
  • (民主党→) (ja)
  • (国民民主党→) (ja)
  • (無所属→) (ja)
  • (自由民主党→) (ja)
  • (日本民主党→) (ja)
  • (改進党→) (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都 (ja)
  • 東京都 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 2019-11-29 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1918-05-27 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Yasuhiro Nakasone 19821127.jpg (ja)
  • Yasuhiro Nakasone 19821127.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:日本
  • 第25代 科学技術庁長官 (ja)
  • 第25代 防衛庁長官 (ja)
  • 第34・35代 通商産業大臣 (ja)
  • 第45代 行政管理庁長官 (ja)
  • 第71・72・73代 内閣総理大臣 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --07-05
  • --07-19
  • --10-10
  • --11-06
  • --11-27
  • --11-30
  • --12-09
  • --12-22
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71-73代内閣総理大臣に就任。国鉄民営化を成し遂げるとともに、ロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で、貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力。首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。 衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。位階は従一位。勲等は大勲位菊花章頸飾。 (ja)
  • 中曽根 康弘(なかそね やすひろ、1918年〈大正7年〉5月27日 - 2019年〈令和元年〉11月29日)は、日本の政治家。 自由民主党では三角大福中の一角を占め、第71-73代内閣総理大臣に就任。国鉄民営化を成し遂げるとともに、ロナルド・レーガン大統領とのロン・ヤス関係や不沈空母発言で、貿易摩擦等により悪化していた日米関係を改善させ、強固なものとした。若手議員の頃は青年将校と呼ばれ、後に原子力関連法案の議員立法にも尽力。首相公選制を唱え、憲法改正を悲願とした。小派閥を率いる中で「政界の風見鶏」と呼ばれることもあった。 衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)。科学技術庁長官(第7・25代)、運輸大臣(第38代)、防衛庁長官(第25代)、通商産業大臣(第34・35代)、行政管理庁長官(第45代)、内閣総理大臣(第71・72・73代)、自由民主党総務会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第11代)、公益財団法人「世界平和研究所」会長、拓殖大学第12代総長・理事長、名誉総長、東アジア共同体評議会会長、新憲法制定議員同盟会長などを歴任。位階は従一位。勲等は大勲位菊花章頸飾。 (ja)
rdfs:label
  • 中曽根康弘 (ja)
  • 中曽根康弘 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 中曽根 康弘 (ja)
  • 中曽根 康弘 (ja)
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:after of
is prop-ja:afterElection of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:candidate of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja:北関 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:概要 of
is prop-ja:親戚 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of