Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abbreviation
  • 統一教会、統一協会
dbpedia-owl:abstract
  • 世界基督教統一神霊協会(せかいきりすときょうとういつしんれいきょうかい、英名:Holy Spirit Association for the Unification of World Christianity )は、韓国発祥のキリスト教系新宗教団体である旨自称している団体である。しかし一般のキリスト教会は世界基督教統一神霊協会をキリスト教の一教派とは認めていない。教義の核心部分は「救世主である文鮮明とのセックスによって肉体の原罪は清められる」ということである。団体名を明示せずに布教しマインドコントロールにより信者を増やし霊感商法など違法な手法で資金を集めているという批判があり、「宗教を仮面につかっているだけの謀略集団」「宗教という仮面をかぶった経済=政治複合組織」「多国籍企業を上回る準軍事的な国際政党」という評価もある。教祖(創始者)の文鮮明によって1954年5月1日韓国ソウルに創設され、その後世界本部はニューヨークに移された。世界193か国に支部(協会)がある。
dbpedia-owl:headquarter
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1278146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 118604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 766 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59235357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alphabet
  • Unification Church
prop-ja:alphabetType
  • 英語
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
  • --02-01
prop-ja:hangeul
  • 통일교회
prop-ja:hanja
  • 統一敎會
prop-ja:hiragana
  • とういつきょうかい
prop-ja:katakana
  • トンイルギョフェ
prop-ja:latin
  • Tongil Gyohoe
prop-ja:title
  • 統一教会
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 世界平和統一家庭連合
prop-ja:本部
  • ソウル市
prop-ja:略称
  • 統一教会、統一協会
prop-ja:種類
prop-ja:範囲
  • 1970 (xsd:integer)
  • 2002 (xsd:integer)
  • 2003 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
  • 2006 (xsd:integer)
  • 2008 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:ロックフェラー
  • dbpedia-ja:ワシントン・タイムズ
  • dbpedia-ja:飯星景子
  • dbpedia-ja:加瀬英明
  • dbpedia-ja:インターネット
  • dbpedia-ja:ジャーナリスト
  • dbpedia-ja:全国霊感商法対策弁護士連絡会
  • dbpedia-ja:ウィリアム・ウッド
  • dbpedia-ja:世界平和女性連合
  • dbpedia-ja:卓明煥
  • dbpedia-ja:ウェブサイト
  • dbpedia-ja:ジョージ・H・W・ブッシュ
  • dbpedia-ja:ロナルド・レーガン
  • dbpedia-ja:中村敦夫
  • dbpedia-ja:作家
  • dbpedia-ja:宣教師
  • dbpedia-ja:牧師
  • dbpedia-ja:福音派
  • dbpedia-ja:小林よしのり
  • dbpedia-ja:弁護士
  • dbpedia-ja:浅見定雄
  • dbpedia-ja:田中康夫
  • dbpedia-ja:神学者
  • dbpedia-ja:笹川良一
  • dbpedia-ja:原子力発電所
  • dbpedia-ja:日本財団
  • dbpedia-ja:バーバラ・ブッシュ
  • dbpedia-ja:新党日本
  • dbpedia-ja:紀藤正樹
  • dbpedia-ja:リチャード・コシミズ
  • dbpedia-ja:尾形守
  • dbpedia-ja:山口広
  • dbpedia-ja:山口貴士
  • dbpedia-ja:稲見友之
  • dbpedia-ja:飯干晃一
  • --03-08
  • --03-13
  • --05-27
  • --07-13
  • --08-31
  • --10-28
  • --11-05
  • --12-17
  • --12-29
  • 教団では日本の朝鮮統治時代の罪を蕩減(とうげん、清算の意)するためとして、韓国の教団関連企業の商品を日本の「ハッピーワールド」を通して、需要や売れ行きに関係なく、一定数の商品を強制的に仕入れさせてきており、これを「蕩減商品」と呼んだ。蕩減商品には大理石壺、多宝塔、高麗人参エキス、高麗人参茶、「メッコール」等の清涼飲料水や工作機械等がある。
  • 高橋紳吾(「東邦大学助教授、精神科医」):日本脱カルト研究会(現:「日本脱カルト協会」)を設立。マインドコントロール理論から教団をカルトとして解説。
  • 訪問販売や霊感商法などのその場限りの販売と違い、専門の会社の主催で定期的に販売を行なうため、これを「定着経済」と呼ぶ。しかし販売方法は「霊感商法」で行った方法を踏襲している。ゲストを連れて行った信者は商品を説明するトーカー(アドバイザー)の協力者となり、トーカーは席を外し、「タワー長」と呼ばれる現場の指揮者にゲストの状況を報告し、指示を仰ぐ。すでに教団の教えを学んでいる信者も展示会に動員され、「この〇〇を買えばメシア(文鮮明)を受け入れることになる」「この〇〇を買えばあなたも家族も救われる」等と「霊感商法」と同様の説得をして購入させたりもした。
  • この「霊感商法」問題は国会でも幾度も採り上げられたが
  • 先生役の信者は宗教的な名前を名乗り、初めに予め調査してあった相談者(ターゲット)の情報を、あたかも霊感を使って当てているかのように話す。この際、相談者の警戒心を解くため、非常に好意的で肯定的な内容を話すことが多いと言う。事情を知らない相談者は、たとえ初めは半信半疑であっても、次第に次々と当てられていく自分の事柄を聞くうちに、本当に霊能者のことを信じてしまうという。
  • またこの霊感商法の最盛期には「TV100」と言って、月に100億円を献金するようにとの文鮮明の指示があり、実際に何度か目標額を達成し、そのお金を韓国に送金していたという。の
  • 近年は韓国の有名観光地の開発を手がけているほか、2006年6月には韓国で「本殿聖地」という王宮を建てた。学校、病院、老人ホームなどが揃うこの地域一帯に、宗教と人種を超越した『平和村』を作るという。
  • 無料の姓名判断、印相鑑定、手相占い等でアプローチする。最初はいい運勢であることを賛美しながら、相手に話をさせ、ウイークポイントを見つける。今度は少し心配な所があると言い、無料だから、気軽に見てもらえばと、“霊場”と呼ばれる会場に誘う。
  • ある識者は「文科省まで訴えられることで教団に対し宗教法人法に基づく調査が入るのを恐れたのではないか」と見ている。
  • 川崎経子(元牧師):特定非営利活動法人 「小諸いずみ会 いのちの家」所長。
  • 文鮮明来日の背後でも巨額のカネが動いたとの指摘もある。
  • 教団の関連施設などに警察の捜査が及び、信者は証拠書類が捜査機関に渡らないように逃げ回ったという。
  • ジョージ・スターリングス(米国キリスト教イマニ・テンプル大司教):文鮮明を「メシヤ」「神の人」「神そのもの」などと積極的に賞賛している。妻は統一教会の合同結婚式で選ばれた日本女性。統一教会では“大司教”の肩書きで紹介されているが、『ニューヨーク・タイムズ』によれば、スターリングスは1989年に性的不品行を自らの教区で非難され、ワシントンの大司教(ジェームス・アロイシャス・ヒッキー枢機卿)による処分を拒否し、独自にイマニテンプル教会を開く。そして自らを大司教に任命。それ以来、スターリングスは、カトリックの教義に反して、結婚を願う聖職者を受け入れることで教会を広げようとしてきたという
  • ジャルジンに信者たちのための集団村を建て、夫婦で参加する修練会を行ったり、南米各地に女性宣教師を派遣した。
  • 「霊感商法」が社会問題化し、東京都から指導を受け、通商産業省(現経済産業省)から事情聴取を受けた以降は表向き販売を中止したものの、その後も「霊石愛好会」や「天地正教」などを通じて販売は続けられて来た。
  • 郷路征記(弁護士):統一教会の伝道を「信教の自由」を侵害する違法なものとして訴える違法伝道訴訟(青春を返せ裁判)の先駆者。
  • その後頃合を見計らい、今度は一転して否定的な予言を始める。このままでは、家族が自分や病気に会う、それもいつか病気になる。とか、言い訳がいくらでもできそうな言葉を使う(普通に考えればいつか病気になるのは当然である)。絶家になるなどと不安を煽る。その具体的な解決方法として、神秘的な力のある壺や多宝塔を買うように勧められる。ゲストの財産状況や、壺や像などに支払える具体的な金額、どの程度霊能者の意見を信じているか、等は、相談者の案内役を通して全て霊能者や「タワー長」と呼ばれる統括責任者に筒抜けになる仕組みになっている。場合によっては先祖のお告げだと言って、事前に調べたゲストが出せるくらいの金額を示したりすることもあり、それらを知らない相談者は次々と自分のことを言い当てる霊能者を結果的には信じ、法外な値段で壺や多宝塔などを買ってしまう。
  • 以前はこの種の経済事件には警視庁や各県警の生活安全部が担当していたが、オウム真理教事件以降、カルトに対しては公安部が担当している。
  • 共産党や社会党およびその系列とみなした団体、またはリベラルな論調の新聞や左寄りに映る人物を激しく非難する。他にも幾つかの政治団体を設立して活動するが、その主張や運動方針はどれも保守タカ派的なスタンスで貫かれている。
  • 他方で日本の天皇を軽視する姿勢や他民族を選民とする教義に疑念を抱き警鐘を鳴らす団体もあった。
  • 反共を共通理念とする多くの右翼勢力が同連合と協調したとされる。
  • 婚姻届をした後に脱会した元信者による婚姻無効の確認を求める裁判は、 1999年4月時点で、約50件程がその主張通り認められている。
  • この商法を『しんぶん赤旗』が「霊感商法」と名づけて批判、『朝日ジャーナル』などのマスメディアで度々その被害や手口が報じられた。
  • また「ハッピーワールド販売促進資料」と題する霊感商法の販売マニュアルには壺の型は「文鮮明自ら考案した作品であり、御言を受け入れていない人達の救いのための条件物として作られた」と説明しており、霊感商法が、教会活動の一環として行われていたことの証拠となった。
  • 場合によっては、長時間その場から返さない、会場係がゲストを引き止めたり、最初に手荷物を預かることで帰りにくくする、といった手法が使われていることもある。靴を隠してしまうという手口もある。
  • 東京地裁は、信者らの伝道活動は、「相手方を畏怖困惑させ、それによって被告の教義からの離脱を困難にすることに主眼を置いていたもの」、「献金及び無償で物品販売活動等を行わせること及びそのような行為をする被告の信者を再生産することによって、経済的利益を上げることもその目的であった」、「(先祖の因縁や霊界等の)非科学的な超自然的な現象についての話は、科学的・論理的な検証が不可能であって、個人差はあっても、これを聞いて漠然とした不安を抱くことになる者がいるのは明らかであり、その上で自分や家族の具体的な事実と結び付けられると、恐怖を感じることは避けられない」「教義に深入りさせる方法としては、相当性を欠くものといわざるを得ない。」として「原告らに対する勧誘・教化行為は、不当な目的に基づく社会的相当性を逸脱した方法で、結果として原告らの自由意思を阻害しているものといわざるを得ず、原告らの信教の自由を侵害する違法な行為というべきである。」と判断した。また、合同結婚式への参加を勧めた行為についても、「信者の間では、合同結婚式への参加を断る自由があるという理解はなかったものと認められる。」として、「婚姻の自由を侵害する違法があるもの」とした。
  • 教団自身が敗訴した例ではないが、カルト問題の第一人者である東北学院大学名誉教授の浅見定雄が、宗教ジャーナリストの室生忠が浅見を「強制説得」を指導する「全国霊感商法対策協議会」の「請負人」かつ「世話人」であると書いた記事を名誉毀損に当たるとして、記事を書いた室生とその原稿を掲載した『創』の編集長、篠田博之を訴えた。
  • 元信者らが、教団又はその信者らの違法な詐欺的・脅迫的な勧誘・教化行為によって入信させられ、その後、長期間被告の献身信者として過酷な生活をさせられて信教の自由を侵害され、また、その過程で献金及び合同結婚式への参加を強要されて財産権及び婚姻の自由を侵害されたとして、不法行為(民法709条又は715条)に基づき慰謝料等の支払を求めた事案。
  • スティーブン・ハッサン(社会心理学者)
  • 櫻井義秀(北海道大学 大学院教授):宗教社会学などの観点からカルト・マインドコントロールに関する研究において統一教会、天地正教などを考察している。
  • 「霊感商法」が社会問題化した1980年後半、教団は当初売買契約の自由、次いで信教の自由を盾にしたが、それらが通用しないと分かると宗教団体「霊石愛好会」を設立、その主催で「霊感商法」を擁護する集会を各地で開いた。
prop-ja:観点
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:設立
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:設立者
prop-ja:過去名
  • 世界基督教統一神霊協会
prop-ja:関連組織
  • 韓日人教会、原理研究会、世界平和宗教連合、世界平和教授アカデミー、世界平和女性連合、世界平和青年連合、日本青少年純潔運動本部、真の家庭運動推進協議会、国際勝共連合、世界日報社、光言社、一心病院、世一観光、一和、トゥルー・ワールド・フーズ、ニューズ・ワールド・コミュニケーションズ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 世界基督教統一神霊協会(せかいきりすときょうとういつしんれいきょうかい、英名:Holy Spirit Association for the Unification of World Christianity )は、韓国発祥のキリスト教系新宗教団体である旨自称している団体である。しかし一般のキリスト教会は世界基督教統一神霊協会をキリスト教の一教派とは認めていない。教義の核心部分は「救世主である文鮮明とのセックスによって肉体の原罪は清められる」ということである。団体名を明示せずに布教しマインドコントロールにより信者を増やし霊感商法など違法な手法で資金を集めているという批判があり、「宗教を仮面につかっているだけの謀略集団」「宗教という仮面をかぶった経済=政治複合組織」「多国籍企業を上回る準軍事的な国際政党」という評価もある。教祖(創始者)の文鮮明によって1954年5月1日韓国ソウルに創設され、その後世界本部はニューヨークに移された。世界193か国に支部(協会)がある。
rdfs:label
  • 世界基督教統一神霊協会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 世界平和統一家庭連合
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:religion of
is prop-ja:宗教 of
is prop-ja:製作会社 of
is foaf:primaryTopic of