Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、英: East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。インド大反乱の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1870年代に解散した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 125202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 352 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58465581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 社旗。1801年から1870年代まで
prop-ja:defunct
  • --06-01
prop-ja:fate
  • 解散
prop-ja:foundation
  • 1600 (xsd:integer)
prop-ja:industry
prop-ja:locationCity
prop-ja:locationCountry
prop-ja:logo
  • 225 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • イギリス東インド会社
  • East India Company
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、英: East India Company(EIC))は、アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。アジア貿易の独占権を認められ、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった。インド大反乱の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1870年代に解散した。
rdfs:label
  • イギリス東インド会社
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:appointer of
is prop-ja:workplaces of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:職名 of
is foaf:primaryTopic of