Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカ合衆国の経済史(アメリカがっしゅうこくのけいざいし)では、主に17世紀にヨーロッパ人が現在のアメリカ合衆国となった地域に入ってきてからの経済の歴史を概説する。アメリカにできた植民地は初めのうちなんとか成長して13の小さな独立した農業経済を持つものとなり、これらが1776年に合同してアメリカ合衆国となった。その後の230年間で、アメリカ合衆国は巨大で統合され工業化された経済に成長し、世界経済の4分の1以上を占めるものとなった。その要因の主要なものとして、大きく統一された市場、成長を支援する政治と法律の仕組み、高度に生産的な広大な農地、莫大な資源(特に木材、石炭および石油)および物資や人的資源において創業家精神と投資への関わりが挙げられる。その経済は高い賃金を保ち、世界中から数多い移民を惹き付けた。技術と製造の発展が大きな役割を果たした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1724144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 66993 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 526 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59166605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アメリカ合衆国の経済史(アメリカがっしゅうこくのけいざいし)では、主に17世紀にヨーロッパ人が現在のアメリカ合衆国となった地域に入ってきてからの経済の歴史を概説する。アメリカにできた植民地は初めのうちなんとか成長して13の小さな独立した農業経済を持つものとなり、これらが1776年に合同してアメリカ合衆国となった。その後の230年間で、アメリカ合衆国は巨大で統合され工業化された経済に成長し、世界経済の4分の1以上を占めるものとなった。その要因の主要なものとして、大きく統一された市場、成長を支援する政治と法律の仕組み、高度に生産的な広大な農地、莫大な資源(特に木材、石炭および石油)および物資や人的資源において創業家精神と投資への関わりが挙げられる。その経済は高い賃金を保ち、世界中から数多い移民を惹き付けた。技術と製造の発展が大きな役割を果たした。
rdfs:label
  • アメリカ合衆国の経済史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of