LGBT(エルジービーティー)とは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)の3つの性的指向と、トランスジェンダー(Transgender)という性自認の各単語頭文字を組み合わせた表現である。かつては性的指向であるLGBであったが、性自認であるトランスジェンダーに加わった後も、クィア(Queer)もしくはクエスチョニング(Questioning)、間性(Intersex)、アセクシャル(Asexual)の頭文字を加えて、LGBTQ(エルジービーティーキュー)、LGBTI(エルジービーティーアイ)、LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とされることもある。更に上記以外も含むために、LGBT+(エルジービーティープラス)、LGBTQIA+(エルジービーティーキューアイエイプラス)全部併せてLGBTQQIAAPPO2sなどと表されることもある。 LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」、それらから構成される文化を強調するものであり、「性的少数者」(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ある。 約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つかっておらず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされている。

Property Value
dbo:abstract
  • LGBT(エルジービーティー)とは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)の3つの性的指向と、トランスジェンダー(Transgender)という性自認の各単語頭文字を組み合わせた表現である。かつては性的指向であるLGBであったが、性自認であるトランスジェンダーに加わった後も、クィア(Queer)もしくはクエスチョニング(Questioning)、間性(Intersex)、アセクシャル(Asexual)の頭文字を加えて、LGBTQ(エルジービーティーキュー)、LGBTI(エルジービーティーアイ)、LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とされることもある。更に上記以外も含むために、LGBT+(エルジービーティープラス)、LGBTQIA+(エルジービーティーキューアイエイプラス)全部併せてLGBTQQIAAPPO2sなどと表されることもある。 LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」、それらから構成される文化を強調するものであり、「性的少数者」(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ある。 約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つかっておらず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされている。 (ja)
  • LGBT(エルジービーティー)とは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)の3つの性的指向と、トランスジェンダー(Transgender)という性自認の各単語頭文字を組み合わせた表現である。かつては性的指向であるLGBであったが、性自認であるトランスジェンダーに加わった後も、クィア(Queer)もしくはクエスチョニング(Questioning)、間性(Intersex)、アセクシャル(Asexual)の頭文字を加えて、LGBTQ(エルジービーティーキュー)、LGBTI(エルジービーティーアイ)、LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とされることもある。更に上記以外も含むために、LGBT+(エルジービーティープラス)、LGBTQIA+(エルジービーティーキューアイエイプラス)全部併せてLGBTQQIAAPPO2sなどと表されることもある。 LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」、それらから構成される文化を強調するものであり、「性的少数者」(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ある。 約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つかっておらず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 46215 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20890 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 88103965 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --02-01
prop-ja:参照方法
  • --02-01
dct:subject
rdfs:comment
  • LGBT(エルジービーティー)とは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)の3つの性的指向と、トランスジェンダー(Transgender)という性自認の各単語頭文字を組み合わせた表現である。かつては性的指向であるLGBであったが、性自認であるトランスジェンダーに加わった後も、クィア(Queer)もしくはクエスチョニング(Questioning)、間性(Intersex)、アセクシャル(Asexual)の頭文字を加えて、LGBTQ(エルジービーティーキュー)、LGBTI(エルジービーティーアイ)、LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とされることもある。更に上記以外も含むために、LGBT+(エルジービーティープラス)、LGBTQIA+(エルジービーティーキューアイエイプラス)全部併せてLGBTQQIAAPPO2sなどと表されることもある。 LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」、それらから構成される文化を強調するものであり、「性的少数者」(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ある。 約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つかっておらず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされている。 (ja)
  • LGBT(エルジービーティー)とは、レズビアン(Lesbian)、ゲイ(Gay)、バイセクシュアル(Bisexual)の3つの性的指向と、トランスジェンダー(Transgender)という性自認の各単語頭文字を組み合わせた表現である。かつては性的指向であるLGBであったが、性自認であるトランスジェンダーに加わった後も、クィア(Queer)もしくはクエスチョニング(Questioning)、間性(Intersex)、アセクシャル(Asexual)の頭文字を加えて、LGBTQ(エルジービーティーキュー)、LGBTI(エルジービーティーアイ)、LGBTIQ(エルジービーティーアイキュー)とされることもある。更に上記以外も含むために、LGBT+(エルジービーティープラス)、LGBTQIA+(エルジービーティーキューアイエイプラス)全部併せてLGBTQQIAAPPO2sなどと表されることもある。 LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」、それらから構成される文化を強調するものであり、「性的少数者」(sexual minority)という用語と同一視されることも多々ある。 約50万人の遺伝子を大規模解析した調査によると、性的指向(LGB)を決定する遺伝子は見つかっておらず、基本的には(胎児期を含めた)環境による影響が大きいとされている。 (ja)
rdfs:label
  • LGBT (ja)
  • LGBT (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:knownFor of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:description of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:observedby of
is prop-ja:purpose of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:範囲 of
is prop-ja:読者対象 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of