流氷(りゅうひょう、英: drift-ice、driftice)とは、水面を漂流する氷のこと。(陸に定着している氷)以外のものを指し、海水が凍って生じた海氷のほか、氷山や、川の水が凍って生じた河川氷(シガ等)も含まれる。北極海や南氷洋(南極海)などのほか、日本近海ではオホーツク海で見られる。 北風によって海岸に打ち上げられた流氷が重なり合って、小さな丘のような形を作ることがある。これを氷丘(ひょうきゅう)と言い、氷丘が水辺にあたかも山脈のごとく、高さ数メートル、長さは長いときには1キロメートル以上にもわたって造り出されたものを流氷山脈という。

Property Value
dbo:abstract
  • 流氷(りゅうひょう、英: drift-ice、driftice)とは、水面を漂流する氷のこと。(陸に定着している氷)以外のものを指し、海水が凍って生じた海氷のほか、氷山や、川の水が凍って生じた河川氷(シガ等)も含まれる。北極海や南氷洋(南極海)などのほか、日本近海ではオホーツク海で見られる。 北風によって海岸に打ち上げられた流氷が重なり合って、小さな丘のような形を作ることがある。これを氷丘(ひょうきゅう)と言い、氷丘が水辺にあたかも山脈のごとく、高さ数メートル、長さは長いときには1キロメートル以上にもわたって造り出されたものを流氷山脈という。 (ja)
  • 流氷(りゅうひょう、英: drift-ice、driftice)とは、水面を漂流する氷のこと。(陸に定着している氷)以外のものを指し、海水が凍って生じた海氷のほか、氷山や、川の水が凍って生じた河川氷(シガ等)も含まれる。北極海や南氷洋(南極海)などのほか、日本近海ではオホーツク海で見られる。 北風によって海岸に打ち上げられた流氷が重なり合って、小さな丘のような形を作ることがある。これを氷丘(ひょうきゅう)と言い、氷丘が水辺にあたかも山脈のごとく、高さ数メートル、長さは長いときには1キロメートル以上にもわたって造り出されたものを流氷山脈という。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 29549 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6745 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76397395 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
prop-ja:direction
  • vertical (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:header
  • 流氷 (ja)
  • 流氷の衛星画像 (ja)
  • 流氷 (ja)
  • 流氷の衛星画像 (ja)
prop-ja:headerAlign
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:image
  • Greenland East Coast 7.jpg (ja)
  • Ice floes of Hokkaido PIA12056.jpg (ja)
  • Wrangelisland.jpg (ja)
  • 北海道流氷.jpg (ja)
  • Greenland East Coast 7.jpg (ja)
  • Ice floes of Hokkaido PIA12056.jpg (ja)
  • Wrangelisland.jpg (ja)
  • 北海道流氷.jpg (ja)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 流氷(りゅうひょう、英: drift-ice、driftice)とは、水面を漂流する氷のこと。(陸に定着している氷)以外のものを指し、海水が凍って生じた海氷のほか、氷山や、川の水が凍って生じた河川氷(シガ等)も含まれる。北極海や南氷洋(南極海)などのほか、日本近海ではオホーツク海で見られる。 北風によって海岸に打ち上げられた流氷が重なり合って、小さな丘のような形を作ることがある。これを氷丘(ひょうきゅう)と言い、氷丘が水辺にあたかも山脈のごとく、高さ数メートル、長さは長いときには1キロメートル以上にもわたって造り出されたものを流氷山脈という。 (ja)
  • 流氷(りゅうひょう、英: drift-ice、driftice)とは、水面を漂流する氷のこと。(陸に定着している氷)以外のものを指し、海水が凍って生じた海氷のほか、氷山や、川の水が凍って生じた河川氷(シガ等)も含まれる。北極海や南氷洋(南極海)などのほか、日本近海ではオホーツク海で見られる。 北風によって海岸に打ち上げられた流氷が重なり合って、小さな丘のような形を作ることがある。これを氷丘(ひょうきゅう)と言い、氷丘が水辺にあたかも山脈のごとく、高さ数メートル、長さは長いときには1キロメートル以上にもわたって造り出されたものを流氷山脈という。 (ja)
rdfs:label
  • 流氷 (ja)
  • 流氷 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:type of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:nextSingle of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of