『夏子の冒険』(なつこのぼうけん)は、三島由紀夫の7作目の長編小説。無邪気で破天荒な美人のお嬢様・夏子が、猪突猛進な行動力で北海道に向い、仇討ちの青年と一緒に熊退治に出かける恋と冒険の物語。夏子に振り回される人たちの慌てぶりを交え、コミカルなタッチで描かれた娯楽的な趣の作品となっている。 1951年(昭和26年)、週刊誌『週刊朝日』8月5日号から11月25日号に連載された(挿絵:猪熊弦一郎)。単行本は同年12月5日に朝日新聞社より刊行された。翌々年の1953年(昭和28年)1月14日には、角梨枝子主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)4月10日に角川文庫より刊行された。翻訳版は、中国(中題:夏子的冒険)で行われている。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『夏子の冒険』(なつこのぼうけん)は、三島由紀夫の7作目の長編小説。無邪気で破天荒な美人のお嬢様・夏子が、猪突猛進な行動力で北海道に向い、仇討ちの青年と一緒に熊退治に出かける恋と冒険の物語。夏子に振り回される人たちの慌てぶりを交え、コミカルなタッチで描かれた娯楽的な趣の作品となっている。 1951年(昭和26年)、週刊誌『週刊朝日』8月5日号から11月25日号に連載された(挿絵:猪熊弦一郎)。単行本は同年12月5日に朝日新聞社より刊行された。翌々年の1953年(昭和28年)1月14日には、角梨枝子主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)4月10日に角川文庫より刊行された。翻訳版は、中国(中題:夏子的冒険)で行われている。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。 (ja)
  • 『夏子の冒険』(なつこのぼうけん)は、三島由紀夫の7作目の長編小説。無邪気で破天荒な美人のお嬢様・夏子が、猪突猛進な行動力で北海道に向い、仇討ちの青年と一緒に熊退治に出かける恋と冒険の物語。夏子に振り回される人たちの慌てぶりを交え、コミカルなタッチで描かれた娯楽的な趣の作品となっている。 1951年(昭和26年)、週刊誌『週刊朝日』8月5日号から11月25日号に連載された(挿絵:猪熊弦一郎)。単行本は同年12月5日に朝日新聞社より刊行された。翌々年の1953年(昭和28年)1月14日には、角梨枝子主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)4月10日に角川文庫より刊行された。翻訳版は、中国(中題:夏子的冒険)で行われている。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。 (ja)
dbo:basedOn
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageID
  • 2608686 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15355 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80279643 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:portal
  • 文学 (ja)
  • 文学 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:上映時間
  • 95 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 夏子の冒険 (ja)
  • 夏子の冒険 (ja)
prop-ja:作者
prop-ja:公開
  • --01-14
prop-ja:出演者
prop-ja:刊行
  • --12-05
  • 装幀:猪熊弦一郎 (ja)
prop-ja:初出
  • --08-05
prop-ja:原作
prop-ja:撮影
prop-ja:発表形態
  • 雑誌掲載 (ja)
  • 雑誌掲載 (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:配給収入
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:音楽
prop-ja:題名
  • 夏子の冒険 (ja)
  • 夏子の冒険 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『夏子の冒険』(なつこのぼうけん)は、三島由紀夫の7作目の長編小説。無邪気で破天荒な美人のお嬢様・夏子が、猪突猛進な行動力で北海道に向い、仇討ちの青年と一緒に熊退治に出かける恋と冒険の物語。夏子に振り回される人たちの慌てぶりを交え、コミカルなタッチで描かれた娯楽的な趣の作品となっている。 1951年(昭和26年)、週刊誌『週刊朝日』8月5日号から11月25日号に連載された(挿絵:猪熊弦一郎)。単行本は同年12月5日に朝日新聞社より刊行された。翌々年の1953年(昭和28年)1月14日には、角梨枝子主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)4月10日に角川文庫より刊行された。翻訳版は、中国(中題:夏子的冒険)で行われている。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。 (ja)
  • 『夏子の冒険』(なつこのぼうけん)は、三島由紀夫の7作目の長編小説。無邪気で破天荒な美人のお嬢様・夏子が、猪突猛進な行動力で北海道に向い、仇討ちの青年と一緒に熊退治に出かける恋と冒険の物語。夏子に振り回される人たちの慌てぶりを交え、コミカルなタッチで描かれた娯楽的な趣の作品となっている。 1951年(昭和26年)、週刊誌『週刊朝日』8月5日号から11月25日号に連載された(挿絵:猪熊弦一郎)。単行本は同年12月5日に朝日新聞社より刊行された。翌々年の1953年(昭和28年)1月14日には、角梨枝子主演で映画も封切られた。文庫版は1960年(昭和35年)4月10日に角川文庫より刊行された。翻訳版は、中国(中題:夏子的冒険)で行われている。 村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。 (ja)
rdfs:label
  • 夏子の冒険 (ja)
  • 夏子の冒険 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 夏子の冒険 (ja)
  • 夏子の冒険 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of