吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日 - 1973年(昭和48年)7月11日)は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家。初め『花物語』などの少女小説で人気を博し、『地の果まで』で文壇に登場。以後家庭小説の分野で活躍し、キリスト教的な理想主義と清純な感傷性によって女性読者の絶大な支持を獲得。戦後は『徳川の夫人たち』が大奥ブームを呼び、女性史を題材とした歴史物、時代物を書き続けた。同性愛者であったと言われており、50年以上パートナーの千代と共に暮らした。

Property Value
dbo:abstract
  • 吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日 - 1973年(昭和48年)7月11日)は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家。初め『花物語』などの少女小説で人気を博し、『地の果まで』で文壇に登場。以後家庭小説の分野で活躍し、キリスト教的な理想主義と清純な感傷性によって女性読者の絶大な支持を獲得。戦後は『徳川の夫人たち』が大奥ブームを呼び、女性史を題材とした歴史物、時代物を書き続けた。同性愛者であったと言われており、50年以上パートナーの千代と共に暮らした。 (ja)
  • 吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日 - 1973年(昭和48年)7月11日)は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家。初め『花物語』などの少女小説で人気を博し、『地の果まで』で文壇に登場。以後家庭小説の分野で活躍し、キリスト教的な理想主義と清純な感傷性によって女性読者の絶大な支持を獲得。戦後は『徳川の夫人たち』が大奥ブームを呼び、女性史を題材とした歴史物、時代物を書き続けた。同性愛者であったと言われており、50年以上パートナーの千代と共に暮らした。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1973-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1916-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1896-01-12 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1973-07-11 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:genre
dbo:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:restingPlace
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 243939 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11101 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86894075 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 栃木高等女学校(現栃木県立栃木女子高等学校)卒業 (ja)
  • 栃木高等女学校(現栃木県立栃木女子高等学校)卒業 (ja)
prop-ja:awards
  • 女流文学者賞(1952年) (ja)
  • 菊池寛賞(1967年) (ja)
  • 女流文学者賞(1952年) (ja)
  • 菊池寛賞(1967年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • 1896-01-12 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 新潟県新潟市 (ja)
  • 新潟県新潟市 (ja)
prop-ja:caption
  • 吉屋信子 (1930年) (ja)
  • 吉屋信子 (1930年) (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1973-07-11 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 神奈川県鎌倉市 (ja)
  • 神奈川県鎌倉市 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『花物語』 (ja)
  • 『花物語』 (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 吉屋 信子 (ja)
  • 吉屋 信子 (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『安宅家の人々』(1951-52年) (ja)
  • 『良人の貞操』(1936-37年) (ja)
  • 『花物語』(1916-25年,24年刊) (ja)
  • 『鬼火』(1951年) (ja)
  • 『安宅家の人々』(1951-52年) (ja)
  • 『良人の貞操』(1936-37年) (ja)
  • 『花物語』(1916-25年,24年刊) (ja)
  • 『鬼火』(1951年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1916 (xsd:integer)
prop-ja:restingPlace
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日 - 1973年(昭和48年)7月11日)は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家。初め『花物語』などの少女小説で人気を博し、『地の果まで』で文壇に登場。以後家庭小説の分野で活躍し、キリスト教的な理想主義と清純な感傷性によって女性読者の絶大な支持を獲得。戦後は『徳川の夫人たち』が大奥ブームを呼び、女性史を題材とした歴史物、時代物を書き続けた。同性愛者であったと言われており、50年以上パートナーの千代と共に暮らした。 (ja)
  • 吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日 - 1973年(昭和48年)7月11日)は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した日本の小説家。初め『花物語』などの少女小説で人気を博し、『地の果まで』で文壇に登場。以後家庭小説の分野で活躍し、キリスト教的な理想主義と清純な感傷性によって女性読者の絶大な支持を獲得。戦後は『徳川の夫人たち』が大奥ブームを呼び、女性史を題材とした歴史物、時代物を書き続けた。同性愛者であったと言われており、50年以上パートナーの千代と共に暮らした。 (ja)
rdfs:label
  • 吉屋信子 (ja)
  • 吉屋信子 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 吉屋 信子 (ja)
  • 吉屋 信子 (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:influencedBy of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:原作 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of