ライトアップ(英: light up)とは、夜間に歴史的建造物、モニュメント、橋、タワー、樹木などを投光器などの機器や発光ダイオード(LED照明)などを用いて照明することで夜間景観を演出するもの。照明を当て,昼間とは違った表情を演出すること。一般には街の活性化の手段として行われることが多い。 ライトアップに類似したものに,イベントとして行われるイルミネーションの手法がある。各地のクリスマス・イルミネーションや神戸の大震災を期に始まったルミナリエなどがある。 街路灯などのように周囲を明るくするのではなく、対象物に効果的に光を当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的としている。和製英語であり、英語では be動詞 + illuminated などと表現される。また、が使用される事が多いため、floodlighting、architectural floodlightingなどとも表現される。 反対語は「ライトダウン」で、こちらは都市の照明を極力落とす事で夜空の星などを楽しむこと。

Property Value
dbo:abstract
  • ライトアップ(英: light up)とは、夜間に歴史的建造物、モニュメント、橋、タワー、樹木などを投光器などの機器や発光ダイオード(LED照明)などを用いて照明することで夜間景観を演出するもの。照明を当て,昼間とは違った表情を演出すること。一般には街の活性化の手段として行われることが多い。 ライトアップに類似したものに,イベントとして行われるイルミネーションの手法がある。各地のクリスマス・イルミネーションや神戸の大震災を期に始まったルミナリエなどがある。 街路灯などのように周囲を明るくするのではなく、対象物に効果的に光を当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的としている。和製英語であり、英語では be動詞 + illuminated などと表現される。また、が使用される事が多いため、floodlighting、architectural floodlightingなどとも表現される。 反対語は「ライトダウン」で、こちらは都市の照明を極力落とす事で夜空の星などを楽しむこと。 (ja)
  • ライトアップ(英: light up)とは、夜間に歴史的建造物、モニュメント、橋、タワー、樹木などを投光器などの機器や発光ダイオード(LED照明)などを用いて照明することで夜間景観を演出するもの。照明を当て,昼間とは違った表情を演出すること。一般には街の活性化の手段として行われることが多い。 ライトアップに類似したものに,イベントとして行われるイルミネーションの手法がある。各地のクリスマス・イルミネーションや神戸の大震災を期に始まったルミナリエなどがある。 街路灯などのように周囲を明るくするのではなく、対象物に効果的に光を当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的としている。和製英語であり、英語では be動詞 + illuminated などと表現される。また、が使用される事が多いため、floodlighting、architectural floodlightingなどとも表現される。 反対語は「ライトダウン」で、こちらは都市の照明を極力落とす事で夜空の星などを楽しむこと。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 412973 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7075 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80204822 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ライトアップ(英: light up)とは、夜間に歴史的建造物、モニュメント、橋、タワー、樹木などを投光器などの機器や発光ダイオード(LED照明)などを用いて照明することで夜間景観を演出するもの。照明を当て,昼間とは違った表情を演出すること。一般には街の活性化の手段として行われることが多い。 ライトアップに類似したものに,イベントとして行われるイルミネーションの手法がある。各地のクリスマス・イルミネーションや神戸の大震災を期に始まったルミナリエなどがある。 街路灯などのように周囲を明るくするのではなく、対象物に効果的に光を当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的としている。和製英語であり、英語では be動詞 + illuminated などと表現される。また、が使用される事が多いため、floodlighting、architectural floodlightingなどとも表現される。 反対語は「ライトダウン」で、こちらは都市の照明を極力落とす事で夜空の星などを楽しむこと。 (ja)
  • ライトアップ(英: light up)とは、夜間に歴史的建造物、モニュメント、橋、タワー、樹木などを投光器などの機器や発光ダイオード(LED照明)などを用いて照明することで夜間景観を演出するもの。照明を当て,昼間とは違った表情を演出すること。一般には街の活性化の手段として行われることが多い。 ライトアップに類似したものに,イベントとして行われるイルミネーションの手法がある。各地のクリスマス・イルミネーションや神戸の大震災を期に始まったルミナリエなどがある。 街路灯などのように周囲を明るくするのではなく、対象物に効果的に光を当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的としている。和製英語であり、英語では be動詞 + illuminated などと表現される。また、が使用される事が多いため、floodlighting、architectural floodlightingなどとも表現される。 反対語は「ライトダウン」で、こちらは都市の照明を極力落とす事で夜空の星などを楽しむこと。 (ja)
rdfs:label
  • ライトアップ (ja)
  • ライトアップ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:備考 of
is foaf:primaryTopic of