マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラント(Maximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国・ドイツ帝国の外交官、東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。

Property Value
dbo:abstract
  • マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラント(Maximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国・ドイツ帝国の外交官、東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。 (ja)
  • マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラント(Maximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国・ドイツ帝国の外交官、東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1664226 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7117 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81407353 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラント(Maximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国・ドイツ帝国の外交官、東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。 (ja)
  • マクシミリアン・アウグスト・スキピオ・フォン・ブラント(Maximilian August Scipio von Brandt, 1835年10月8日 - 1920年8月24日)は、プロイセン王国・ドイツ帝国の外交官、東アジア研究者。黄禍論の提唱者と言われている。 (ja)
rdfs:label
  • マックス・フォン・ブラント (ja)
  • マックス・フォン・ブラント (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of