バヤズィト2世(トルコ語:II. BayezidもしくはII. Beyazıt、1447年12月3日 - 1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝(スルタン)。第7代皇帝メフメト2世の子(在位:1481年 - 1512年)。「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであった。華々しい外征を行った父メフメト2世と息子セリム1世に比べて外征で目覚ましい成果が見られず、書籍では業績を低く評されることもある。彼の治世については、停滞の時代、あるいはメフメト2世の時代の反動でイスラーム色が前面に出た保守的な時代とする見方がある。

Property Value
dbo:abstract
  • バヤズィト2世(トルコ語:II. BayezidもしくはII. Beyazıt、1447年12月3日 - 1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝(スルタン)。第7代皇帝メフメト2世の子(在位:1481年 - 1512年)。「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであった。華々しい外征を行った父メフメト2世と息子セリム1世に比べて外征で目覚ましい成果が見られず、書籍では業績を低く評されることもある。彼の治世については、停滞の時代、あるいはメフメト2世の時代の反動でイスラーム色が前面に出た保守的な時代とする見方がある。 (ja)
  • バヤズィト2世(トルコ語:II. BayezidもしくはII. Beyazıt、1447年12月3日 - 1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝(スルタン)。第7代皇帝メフメト2世の子(在位:1481年 - 1512年)。「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであった。華々しい外征を行った父メフメト2世と息子セリム1世に比べて外征で目覚ましい成果が見られず、書籍では業績を低く評されることもある。彼の治世については、停滞の時代、あるいはメフメト2世の時代の反動でイスラーム色が前面に出た保守的な時代とする見方がある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 249480 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11265 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73288328 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Tughra of Bayezid II.JPG (ja)
  • Tughra of Bayezid II.JPG (ja)
prop-ja:人名
  • バヤズィト2世 (ja)
  • バヤズィト2世 (ja)
prop-ja:出生日
  • --12-03
prop-ja:各国語表記
  • بايزيد ثانى (ja)
  • بايزيد ثانى (ja)
prop-ja:君主号
  • オスマン帝国第8代皇帝 (ja)
  • オスマン帝国第8代皇帝 (ja)
prop-ja:在位
  • --05-21
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • --05-26
prop-ja:母親
  • ギュルバハル・ハトゥン (ja)
  • ギュルバハル・ハトゥン (ja)
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Portrait of Sultan Bayezid II of the Ottoman Empire.jpg (ja)
  • Portrait of Sultan Bayezid II of the Ottoman Empire.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • バヤズィト2世 (ja)
  • バヤズィト2世 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • バヤズィト2世(トルコ語:II. BayezidもしくはII. Beyazıt、1447年12月3日 - 1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝(スルタン)。第7代皇帝メフメト2世の子(在位:1481年 - 1512年)。「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであった。華々しい外征を行った父メフメト2世と息子セリム1世に比べて外征で目覚ましい成果が見られず、書籍では業績を低く評されることもある。彼の治世については、停滞の時代、あるいはメフメト2世の時代の反動でイスラーム色が前面に出た保守的な時代とする見方がある。 (ja)
  • バヤズィト2世(トルコ語:II. BayezidもしくはII. Beyazıt、1447年12月3日 - 1512年5月26日)は、オスマン帝国の第8代皇帝(スルタン)。第7代皇帝メフメト2世の子(在位:1481年 - 1512年)。「聖者(ヴェリー)」と呼ばれるほど信心深い敬虔なムスリムであった。華々しい外征を行った父メフメト2世と息子セリム1世に比べて外征で目覚ましい成果が見られず、書籍では業績を低く評されることもある。彼の治世については、停滞の時代、あるいはメフメト2世の時代の反動でイスラーム色が前面に出た保守的な時代とする見方がある。 (ja)
rdfs:label
  • バヤズィト2世 (ja)
  • バヤズィト2世 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of