シールドトンネルは、シールド工法によって掘削されたトンネルである。「シールド」と呼ばれる筒(ないし函)で切羽(きりは)後方のトンネル壁面を一時的に支え、切羽を掘削しながら逐次シールドを前進させるとともに、シールドの後方に壁面を構築する。 現代ではもっぱら、高度に機械化されたシールドマシンを使い、壁面は分割されたブロック(「セグメント」)を組み上げて構築する。セグメントは工場で大量生産できるので、コスト面に優れる。 開削工法や沈埋トンネル工法などと違って一部を除いて地上部分を大きく掘り下げる必要性が低いので掘削中の地上部分への影響を抑えることが可能である。 軟弱地盤でも掘り進むことができる、というのが最大の特徴で、水底トンネルの掘削に活躍した。土地利用の深度化に伴い、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事では、シールドトンネルが多く採用されている。

Property Value
dbo:abstract
  • シールドトンネルは、シールド工法によって掘削されたトンネルである。「シールド」と呼ばれる筒(ないし函)で切羽(きりは)後方のトンネル壁面を一時的に支え、切羽を掘削しながら逐次シールドを前進させるとともに、シールドの後方に壁面を構築する。 現代ではもっぱら、高度に機械化されたシールドマシンを使い、壁面は分割されたブロック(「セグメント」)を組み上げて構築する。セグメントは工場で大量生産できるので、コスト面に優れる。 開削工法や沈埋トンネル工法などと違って一部を除いて地上部分を大きく掘り下げる必要性が低いので掘削中の地上部分への影響を抑えることが可能である。 軟弱地盤でも掘り進むことができる、というのが最大の特徴で、水底トンネルの掘削に活躍した。土地利用の深度化に伴い、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事では、シールドトンネルが多く採用されている。 (ja)
  • シールドトンネルは、シールド工法によって掘削されたトンネルである。「シールド」と呼ばれる筒(ないし函)で切羽(きりは)後方のトンネル壁面を一時的に支え、切羽を掘削しながら逐次シールドを前進させるとともに、シールドの後方に壁面を構築する。 現代ではもっぱら、高度に機械化されたシールドマシンを使い、壁面は分割されたブロック(「セグメント」)を組み上げて構築する。セグメントは工場で大量生産できるので、コスト面に優れる。 開削工法や沈埋トンネル工法などと違って一部を除いて地上部分を大きく掘り下げる必要性が低いので掘削中の地上部分への影響を抑えることが可能である。 軟弱地盤でも掘り進むことができる、というのが最大の特徴で、水底トンネルの掘削に活躍した。土地利用の深度化に伴い、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事では、シールドトンネルが多く採用されている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 852304 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8237 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77800083 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シールドトンネルは、シールド工法によって掘削されたトンネルである。「シールド」と呼ばれる筒(ないし函)で切羽(きりは)後方のトンネル壁面を一時的に支え、切羽を掘削しながら逐次シールドを前進させるとともに、シールドの後方に壁面を構築する。 現代ではもっぱら、高度に機械化されたシールドマシンを使い、壁面は分割されたブロック(「セグメント」)を組み上げて構築する。セグメントは工場で大量生産できるので、コスト面に優れる。 開削工法や沈埋トンネル工法などと違って一部を除いて地上部分を大きく掘り下げる必要性が低いので掘削中の地上部分への影響を抑えることが可能である。 軟弱地盤でも掘り進むことができる、というのが最大の特徴で、水底トンネルの掘削に活躍した。土地利用の深度化に伴い、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事では、シールドトンネルが多く採用されている。 (ja)
  • シールドトンネルは、シールド工法によって掘削されたトンネルである。「シールド」と呼ばれる筒(ないし函)で切羽(きりは)後方のトンネル壁面を一時的に支え、切羽を掘削しながら逐次シールドを前進させるとともに、シールドの後方に壁面を構築する。 現代ではもっぱら、高度に機械化されたシールドマシンを使い、壁面は分割されたブロック(「セグメント」)を組み上げて構築する。セグメントは工場で大量生産できるので、コスト面に優れる。 開削工法や沈埋トンネル工法などと違って一部を除いて地上部分を大きく掘り下げる必要性が低いので掘削中の地上部分への影響を抑えることが可能である。 軟弱地盤でも掘り進むことができる、というのが最大の特徴で、水底トンネルの掘削に活躍した。土地利用の深度化に伴い、最近の地下鉄、道路(主に都市内)、共同溝、下水道、地下水路、地下河川などのトンネル工事では、シールドトンネルが多く採用されている。 (ja)
rdfs:label
  • シールドトンネル (ja)
  • シールドトンネル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of