ゴーサントオ(53・10)は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和53年(1978年)10月2日に実施した白紙ダイヤ改正を指す、主に鉄道関係者・鉄道ファンの間で使われる通称である。 この改正は、度重なる運賃・料金の値上げや国鉄労働組合(国労)・国鉄動力車労働組合(動労)などが行ったストライキに加え、自動車や航空機の発達によって国鉄の旅客および貨物の輸送実績が減少したのを受け、特に貨物列車の削減を行うなど、公共企業体・日本国有鉄道の発足以来初めてとなる「列車キロ削減」を行い、輸送体系の見直しを図ったものであった。

Property Value
dbo:abstract
  • ゴーサントオ(53・10)は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和53年(1978年)10月2日に実施した白紙ダイヤ改正を指す、主に鉄道関係者・鉄道ファンの間で使われる通称である。 この改正は、度重なる運賃・料金の値上げや国鉄労働組合(国労)・国鉄動力車労働組合(動労)などが行ったストライキに加え、自動車や航空機の発達によって国鉄の旅客および貨物の輸送実績が減少したのを受け、特に貨物列車の削減を行うなど、公共企業体・日本国有鉄道の発足以来初めてとなる「列車キロ削減」を行い、輸送体系の見直しを図ったものであった。 (ja)
  • ゴーサントオ(53・10)は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和53年(1978年)10月2日に実施した白紙ダイヤ改正を指す、主に鉄道関係者・鉄道ファンの間で使われる通称である。 この改正は、度重なる運賃・料金の値上げや国鉄労働組合(国労)・国鉄動力車労働組合(動労)などが行ったストライキに加え、自動車や航空機の発達によって国鉄の旅客および貨物の輸送実績が減少したのを受け、特に貨物列車の削減を行うなど、公共企業体・日本国有鉄道の発足以来初めてとなる「列車キロ削減」を行い、輸送体系の見直しを図ったものであった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 269749 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8078 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81136625 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ゴーサントオ(53・10)は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和53年(1978年)10月2日に実施した白紙ダイヤ改正を指す、主に鉄道関係者・鉄道ファンの間で使われる通称である。 この改正は、度重なる運賃・料金の値上げや国鉄労働組合(国労)・国鉄動力車労働組合(動労)などが行ったストライキに加え、自動車や航空機の発達によって国鉄の旅客および貨物の輸送実績が減少したのを受け、特に貨物列車の削減を行うなど、公共企業体・日本国有鉄道の発足以来初めてとなる「列車キロ削減」を行い、輸送体系の見直しを図ったものであった。 (ja)
  • ゴーサントオ(53・10)は、日本国有鉄道(国鉄)が昭和53年(1978年)10月2日に実施した白紙ダイヤ改正を指す、主に鉄道関係者・鉄道ファンの間で使われる通称である。 この改正は、度重なる運賃・料金の値上げや国鉄労働組合(国労)・国鉄動力車労働組合(動労)などが行ったストライキに加え、自動車や航空機の発達によって国鉄の旅客および貨物の輸送実績が減少したのを受け、特に貨物列車の削減を行うなど、公共企業体・日本国有鉄道の発足以来初めてとなる「列車キロ削減」を行い、輸送体系の見直しを図ったものであった。 (ja)
rdfs:label
  • ゴーサントオ (ja)
  • ゴーサントオ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of