Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • RISC(りすく、英: Reduced Instruction Set Computer)は、コンピュータの命令セットアーキテクチャ(ISA)の設計手法の一つで、命令の種類を減らし、回路を単純化して演算速度の向上を図るものである。なお、RISCが提唱されたときに、従来の設計手法に基づくアーキテクチャは対義語としてCISCと呼ばれるようになった。RISCを採用したプロセッサ (CPU) をRISCプロセッサと呼ぶ。RISCプロセッサの例として、MIPS、POWER、SPARCなどが知られる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 47190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56951778 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • RISC(りすく、英: Reduced Instruction Set Computer)は、コンピュータの命令セットアーキテクチャ(ISA)の設計手法の一つで、命令の種類を減らし、回路を単純化して演算速度の向上を図るものである。なお、RISCが提唱されたときに、従来の設計手法に基づくアーキテクチャは対義語としてCISCと呼ばれるようになった。RISCを採用したプロセッサ (CPU) をRISCプロセッサと呼ぶ。RISCプロセッサの例として、MIPS、POWER、SPARCなどが知られる。
rdfs:label
  • RISC
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:design of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of