Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 血の中傷(ちのちゅうしょう、ヘブライ語:עלילת דם)は、ユダヤ人に対する憎悪によって生み出された迷信である。特にキリスト教社会において、ユダヤ人の迫害、追放、虐殺といった差別行為の口実として用いられてきた。血の中傷はディアスポラ時代のユダヤ人が経験した過酷な運命を象徴している。当初は宗教的な対立を背景に広まったが、やがては狂信をもたらし、ユダヤ人から土地の所有権や各種債権、さらには人権をも剥奪するにまでエスカレートした。現代においても経済格差や人種差別による対立感情から誘発される、ユダヤ人に関するデマは後を絶たない。血の中傷の起源は古代にまで遡ることができる。それがキリスト教社会固有の潮流としてヨーロッパ地方の各地で爆発的に拡散したのは中世末期のことである。ただし、時の権力者、及び教会の上層部が必ずしもその迷信に加担していたとは限らない。なお、この迷信は今日まで一度としてその事実が証明されたことがない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1408058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19276 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 243 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59198127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 血の中傷(ちのちゅうしょう、ヘブライ語:עלילת דם)は、ユダヤ人に対する憎悪によって生み出された迷信である。特にキリスト教社会において、ユダヤ人の迫害、追放、虐殺といった差別行為の口実として用いられてきた。血の中傷はディアスポラ時代のユダヤ人が経験した過酷な運命を象徴している。当初は宗教的な対立を背景に広まったが、やがては狂信をもたらし、ユダヤ人から土地の所有権や各種債権、さらには人権をも剥奪するにまでエスカレートした。現代においても経済格差や人種差別による対立感情から誘発される、ユダヤ人に関するデマは後を絶たない。血の中傷の起源は古代にまで遡ることができる。それがキリスト教社会固有の潮流としてヨーロッパ地方の各地で爆発的に拡散したのは中世末期のことである。ただし、時の権力者、及び教会の上層部が必ずしもその迷信に加担していたとは限らない。なお、この迷信は今日まで一度としてその事実が証明されたことがない。
rdfs:label
  • 血の中傷
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of