Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 法(ほう)、またはムード(英語: mood)とは言語学で使われる用語で、文法カテゴリーの一つである。文が表す出来事の現実との関係(事実的realisか反事実的irrealisか)や意図、聞き手に対する態度などを表す。特に動詞の形態に反映された場合のことを言うが、モダリティ(法性)と同義で語られることもある。断定、疑義、命令、可能・必然 (epistemic)、許可・義務 (deontic)、願望・要求 (propositional attitude) などにかかわる。印欧語の「直説法」「命令法」、「接続法」(仮定法)、「希求法」、「条件法」、「禁止法」などがこれにあたる。文法用語としての英 mood(述べ方)は、フランス語の mode(方式)の訛形であるが、ゲルマン語に起源を持つもう一つの mood(気分)からも意味的な影響を受けている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 210692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51907324 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 法(ほう)、またはムード(英語: mood)とは言語学で使われる用語で、文法カテゴリーの一つである。文が表す出来事の現実との関係(事実的realisか反事実的irrealisか)や意図、聞き手に対する態度などを表す。特に動詞の形態に反映された場合のことを言うが、モダリティ(法性)と同義で語られることもある。断定、疑義、命令、可能・必然 (epistemic)、許可・義務 (deontic)、願望・要求 (propositional attitude) などにかかわる。印欧語の「直説法」「命令法」、「接続法」(仮定法)、「希求法」、「条件法」、「禁止法」などがこれにあたる。文法用語としての英 mood(述べ方)は、フランス語の mode(方式)の訛形であるが、ゲルマン語に起源を持つもう一つの mood(気分)からも意味的な影響を受けている。
rdfs:label
  • 法 (文法)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of