Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 法定通貨(ほうていつうか)とは、税金や賃金などを含む金銭債務の強制的な弁済手段として、強制通用力が法的に認められている通貨のこと。つまり、法定通貨による債務弁済を拒否することは一般にはできない。略して法貨と表現されることもある。複数の機関が法定通貨を発行する国もある。スコットランドの場合はイングランド銀行が発行するポンドの他にも、商業銀行であるスコットランド銀行などが発行する紙幣が法定通貨として発行されており、また香港では各商業銀行が香港ドルを発行している。アメリカなどでは偽札への懸念から、特定の高額紙幣の受け取りが拒否されることがあり、その際に法定通貨としての能力との関係がしばしば問題となる。一般的には、取引成立前に(例えば小売店のレジなどで)拒否することは、債務の支払いではないので合法であるが、取引後の後払い(例えばレストランの会計など)は債務の支払いに相当するので法的には拒否できないとされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57924136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 法定通貨(ほうていつうか)とは、税金や賃金などを含む金銭債務の強制的な弁済手段として、強制通用力が法的に認められている通貨のこと。つまり、法定通貨による債務弁済を拒否することは一般にはできない。略して法貨と表現されることもある。複数の機関が法定通貨を発行する国もある。スコットランドの場合はイングランド銀行が発行するポンドの他にも、商業銀行であるスコットランド銀行などが発行する紙幣が法定通貨として発行されており、また香港では各商業銀行が香港ドルを発行している。アメリカなどでは偽札への懸念から、特定の高額紙幣の受け取りが拒否されることがあり、その際に法定通貨としての能力との関係がしばしば問題となる。一般的には、取引成立前に(例えば小売店のレジなどで)拒否することは、債務の支払いではないので合法であるが、取引後の後払い(例えばレストランの会計など)は債務の支払いに相当するので法的には拒否できないとされる。
rdfs:label
  • 法定通貨
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of