永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月 - 11月に東京都・京都府・北海道・愛知県の4都道府県で発生した拳銃による連続殺人事件。「永山事件」とも呼ばれる。 永山則夫(各事件当時・19歳少年)が在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は警察庁により警察庁広域重要指定108号事件に指定された。永山は刑事裁判により1990年に死刑が確定し(少年死刑囚)、1997年に死刑を執行された。

Property Value
dbo:abstract
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月 - 11月に東京都・京都府・北海道・愛知県の4都道府県で発生した拳銃による連続殺人事件。「永山事件」とも呼ばれる。 永山則夫(各事件当時・19歳少年)が在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は警察庁により警察庁広域重要指定108号事件に指定された。永山は刑事裁判により1990年に死刑が確定し(少年死刑囚)、1997年に死刑を執行された。 (ja)
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月 - 11月に東京都・京都府・北海道・愛知県の4都道府県で発生した拳銃による連続殺人事件。「永山事件」とも呼ばれる。 永山則夫(各事件当時・19歳少年)が在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は警察庁により警察庁広域重要指定108号事件に指定された。永山は刑事裁判により1990年に死刑が確定し(少年死刑囚)、1997年に死刑を執行された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 396102 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 75102 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80534479 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 窃盗、殺人、強盗殺人、同未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反被告事件 (ja)
  • 窃盗、殺人、強盗殺人、同未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反被告事件 (ja)
prop-ja:事件番号
  • 昭和56年(あ)第1505号 (ja)
  • 昭和56年(あ)第1505号 (ja)
prop-ja:刑事訴訟
prop-ja:判例集
  • 『最高裁判所刑事判例集』(刑集)第37巻6号609頁 (ja)
  • 『最高裁判所刑事判例集』(刑集)第37巻6号609頁 (ja)
prop-ja:動機
  • 永山は第一審・東京地裁における公判で一貫して「貧困が無知を招き、それが犯罪に結びつく」と主張した。また堀川惠子 は函館・名古屋の両事件について「幼少期に自身を捨てた母親・兄たちへの復讐のため」と述べている。 (ja)
  • 永山は第一審・東京地裁における公判で一貫して「貧困が無知を招き、それが犯罪に結びつく」と主張した。また堀川惠子 は函館・名古屋の両事件について「幼少期に自身を捨てた母親・兄たちへの復讐のため」と述べている。 (ja)
prop-ja:参照法条
  • 刑法9条、199条、240条 (ja)
  • 刑法9条、199条、240条 (ja)
prop-ja:反対意見
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:名称
  • 永山則夫連続射殺事件 (ja)
  • 永山則夫連続射殺事件 (ja)
prop-ja:場所
  • * 第1の事件(東京事件) - 東京都港区芝公園3号地(東京プリンスホテル) * 第2の事件(京都事件) - 京都府京都市東山区祇園町北側625番地(八坂神社境内) * 第3の事件(函館事件) - 北海道亀田郡七飯町字大川164番地・路上 * 第4の事件(名古屋事件) - 愛知県名古屋市港区七番町一丁目1番地(「株式会社竹中工務店名古屋製作所」南側路上) (ja)
  • * 第1の事件(東京事件) - 東京都港区芝公園3号地(東京プリンスホテル) * 第2の事件(京都事件) - 京都府京都市東山区祇園町北側625番地(八坂神社境内) * 第3の事件(函館事件) - 北海道亀田郡七飯町字大川164番地・路上 * 第4の事件(名古屋事件) - 愛知県名古屋市港区七番町一丁目1番地(「株式会社竹中工務店名古屋製作所」南側路上) (ja)
prop-ja:多数意見
  • 全員一致 (ja)
  • 全員一致 (ja)
prop-ja:容疑
  • 窃盗、殺人、強盗殺人、同未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反被告事件 (ja)
  • 窃盗、殺人、強盗殺人、同未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反被告事件 (ja)
prop-ja:対処
prop-ja:影響
  • 本事件の刑事裁判で1983年に最高裁判所から死刑適用基準として傍論が示され、その後も死刑適用の是非が争われる刑事裁判で「永山基準」として引用されている。 (ja)
  • 本事件の刑事裁判で1983年に最高裁判所から死刑適用基準として傍論が示され、その後も死刑適用の是非が争われる刑事裁判で「永山基準」として引用されている。 (ja)
prop-ja:意見
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:手段
  • 拳銃で被害者を狙撃する (ja)
  • 拳銃で被害者を狙撃する (ja)
prop-ja:攻撃人数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:日付
  • --10-11
prop-ja:概要
  • 永山則夫(事件当時19歳少年)が拳銃を使用して1か月足らずで男性4人を相次いで射殺した連続殺人事件。 (ja)
  • 永山則夫(事件当時19歳少年)が拳銃を使用して1か月足らずで男性4人を相次いで射殺した連続殺人事件。 (ja)
prop-ja:標的
  • 男性(警備員およびタクシー運転手) (ja)
  • 男性(警備員およびタクシー運転手) (ja)
prop-ja:正式名称
  • 警察庁広域重要指定108号事件 (ja)
  • 警察庁広域重要指定108号事件 (ja)
prop-ja:武器
  • 小型拳銃(在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設からの盗難品 / 22口径・レームRG10型) (ja)
  • 小型拳銃(在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設からの盗難品 / 22口径・レームRG10型) (ja)
prop-ja:死亡
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:法廷名
  • 第二小法廷 (ja)
  • 第二小法廷 (ja)
prop-ja:犯人
  • 永山則夫 (ja)
  • 永山則夫 (ja)
prop-ja:管轄
prop-ja:裁判年月日
  • --07-08
prop-ja:裁判要旨
  • # 死刑制度を存置する現行法制の下では、犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状を併せ考察したとき、その罪責が誠に重大であつて、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえないと認められる場合には、死刑の選択も許されるものといわなければならない。 # 犯行時少年であった者でも、18歳以上であり、犯行の態様も残虐であることなどから、無期懲役とした原判決を破棄した事例。 (ja)
  • # 死刑制度を存置する現行法制の下では、犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状を併せ考察したとき、その罪責が誠に重大であつて、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえないと認められる場合には、死刑の選択も許されるものといわなければならない。 # 犯行時少年であった者でも、18歳以上であり、犯行の態様も残虐であることなどから、無期懲役とした原判決を破棄した事例。 (ja)
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dct:subject
rdfs:comment
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月 - 11月に東京都・京都府・北海道・愛知県の4都道府県で発生した拳銃による連続殺人事件。「永山事件」とも呼ばれる。 永山則夫(各事件当時・19歳少年)が在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は警察庁により警察庁広域重要指定108号事件に指定された。永山は刑事裁判により1990年に死刑が確定し(少年死刑囚)、1997年に死刑を執行された。 (ja)
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年(昭和43年)10月 - 11月に東京都・京都府・北海道・愛知県の4都道府県で発生した拳銃による連続殺人事件。「永山事件」とも呼ばれる。 永山則夫(各事件当時・19歳少年)が在日アメリカ海軍・横須賀海軍施設から盗んだ拳銃を使い、男性4人(警備員2人・タクシー運転手2人)を相次いで射殺した事件で、一連の事件は警察庁により警察庁広域重要指定108号事件に指定された。永山は刑事裁判により1990年に死刑が確定し(少年死刑囚)、1997年に死刑を執行された。 (ja)
rdfs:label
  • 永山則夫連続射殺事件 (ja)
  • 永山則夫連続射殺事件 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of