Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年10月から11月にかけて、東京都区部・京都市・函館市・名古屋市において発生した、拳銃による連続殺人事件である。警察庁による名称は「警察庁広域重要指定108号事件」である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 396102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59146667 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 窃盗、殺人、強盗殺人、同未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反、火薬類取締法違反被告事件
prop-ja:事件番号
  • 昭和56年(あ)第1505号
prop-ja:判例集
  • 刑集37巻6号609頁
prop-ja:参照法条
  • 刑法9条、199条、240条
prop-ja:反対意見
  • なし
prop-ja:名称
  • 永山則夫事件
prop-ja:場所
  • 京都府京都市
  • 北海道函館市
  • 愛知県名古屋市
  • 東京都港区
prop-ja:多数意見
  • 全員一致
prop-ja:対処
prop-ja:意見
  • なし
prop-ja:日付
  • 1968 (xsd:integer)
prop-ja:概要
prop-ja:武器
prop-ja:死亡
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:法廷名
  • 第二小法廷
prop-ja:犯人
  • 永山則夫(19歳)
prop-ja:裁判年月日
  • --07-08
prop-ja:裁判要旨
  • # 死刑制度を存置する現行法制の下では、犯行の罪質、動機、態様ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、結果の重大性ことに殺害された被害者の数、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の年齢、前科、犯行後の情状等各般の情状を併せ考察したとき、その罪責が誠に重大であつて、罪刑の均衡の見地からも一般予防の見地からも極刑がやむをえないと認められる場合には、死刑の選択も許されるものといわなければならない。 # 犯行時少年であった者でも、18歳以上であり、犯行の態様も残虐であることなどから、無期懲役とした原判決を破棄した事例。
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 永山則夫連続射殺事件(ながやまのりおれんぞくしゃさつじけん)とは、1968年10月から11月にかけて、東京都区部・京都市・函館市・名古屋市において発生した、拳銃による連続殺人事件である。警察庁による名称は「警察庁広域重要指定108号事件」である。
rdfs:label
  • 永山則夫連続射殺事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of