Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 線型代数学および函数解析学における射影作用素あるいは単に射影(しゃえい、英: projection)は、ベクトル空間上の線型変換 P であって、P2 = P を満たすものを言う。射影作用素は、その像に属するベクトルを変えない。この定義は抽象的ではあるが、投影図法の考え方を一般化し、定式化したものになっている。 幾何学的対象上の射影の影響は、その対象の各点における射影の影響を調べることでわかる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 172634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57614420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 線型代数学および函数解析学における射影作用素あるいは単に射影(しゃえい、英: projection)は、ベクトル空間上の線型変換 P であって、P2 = P を満たすものを言う。射影作用素は、その像に属するベクトルを変えない。この定義は抽象的ではあるが、投影図法の考え方を一般化し、定式化したものになっている。 幾何学的対象上の射影の影響は、その対象の各点における射影の影響を調べることでわかる。
rdfs:label
  • 射影作用素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of