専修学校(せんしゅうがっこう、英称: specialized training college)とは、学校教育法第124条が定める日本の教育施設である。修業年限は1年以上。 専修学校には、(専門学校, post-secondary course)、(高等専修学校, upper secondary course)、(general course)のいずれかまたは複数がおかれる。高等課程のみを置く専修学校は少なく、「専門学校」と称して専門課程とともに高等課程が置かれる専修学校が多い。 * 専門課程(ISCED-5B)- 2,817校, 学生数66万人 * 高等課程(ISCED-3C) - 424校, 学生数3.8万人 * 一般課程(ISCED非該当)- 157校, 学生数2.9万人 専修学校の教育が大学の教育と違うところは、職業人を育成するための実践の重視であり、授業の内容は平均して講義が5割、実習が4割、企業内研修が1割であった。 「大学」と「専修学校の専門課程」に同時に在籍する「ダブルスクール」の者も存在する。ダブルスクールの形態としては、その者が在籍する大学の課程が実務に直結しないため自主的に専修学校に入学する、大学と専修学校の間の提携制度の下に入学するなどがある。

Property Value
dbo:abstract
  • 専修学校(せんしゅうがっこう、英称: specialized training college)とは、学校教育法第124条が定める日本の教育施設である。修業年限は1年以上。 専修学校には、(専門学校, post-secondary course)、(高等専修学校, upper secondary course)、(general course)のいずれかまたは複数がおかれる。高等課程のみを置く専修学校は少なく、「専門学校」と称して専門課程とともに高等課程が置かれる専修学校が多い。 * 専門課程(ISCED-5B)- 2,817校, 学生数66万人 * 高等課程(ISCED-3C) - 424校, 学生数3.8万人 * 一般課程(ISCED非該当)- 157校, 学生数2.9万人 専修学校の教育が大学の教育と違うところは、職業人を育成するための実践の重視であり、授業の内容は平均して講義が5割、実習が4割、企業内研修が1割であった。 「大学」と「専修学校の専門課程」に同時に在籍する「ダブルスクール」の者も存在する。ダブルスクールの形態としては、その者が在籍する大学の課程が実務に直結しないため自主的に専修学校に入学する、大学と専修学校の間の提携制度の下に入学するなどがある。 (ja)
  • 専修学校(せんしゅうがっこう、英称: specialized training college)とは、学校教育法第124条が定める日本の教育施設である。修業年限は1年以上。 専修学校には、(専門学校, post-secondary course)、(高等専修学校, upper secondary course)、(general course)のいずれかまたは複数がおかれる。高等課程のみを置く専修学校は少なく、「専門学校」と称して専門課程とともに高等課程が置かれる専修学校が多い。 * 専門課程(ISCED-5B)- 2,817校, 学生数66万人 * 高等課程(ISCED-3C) - 424校, 学生数3.8万人 * 一般課程(ISCED非該当)- 157校, 学生数2.9万人 専修学校の教育が大学の教育と違うところは、職業人を育成するための実践の重視であり、授業の内容は平均して講義が5割、実習が4割、企業内研修が1割であった。 「大学」と「専修学校の専門課程」に同時に在籍する「ダブルスクール」の者も存在する。ダブルスクールの形態としては、その者が在籍する大学の課程が実務に直結しないため自主的に専修学校に入学する、大学と専修学校の間の提携制度の下に入学するなどがある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2030774 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22579 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81248410 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 専修学校(せんしゅうがっこう、英称: specialized training college)とは、学校教育法第124条が定める日本の教育施設である。修業年限は1年以上。 専修学校には、(専門学校, post-secondary course)、(高等専修学校, upper secondary course)、(general course)のいずれかまたは複数がおかれる。高等課程のみを置く専修学校は少なく、「専門学校」と称して専門課程とともに高等課程が置かれる専修学校が多い。 * 専門課程(ISCED-5B)- 2,817校, 学生数66万人 * 高等課程(ISCED-3C) - 424校, 学生数3.8万人 * 一般課程(ISCED非該当)- 157校, 学生数2.9万人 専修学校の教育が大学の教育と違うところは、職業人を育成するための実践の重視であり、授業の内容は平均して講義が5割、実習が4割、企業内研修が1割であった。 「大学」と「専修学校の専門課程」に同時に在籍する「ダブルスクール」の者も存在する。ダブルスクールの形態としては、その者が在籍する大学の課程が実務に直結しないため自主的に専修学校に入学する、大学と専修学校の間の提携制度の下に入学するなどがある。 (ja)
  • 専修学校(せんしゅうがっこう、英称: specialized training college)とは、学校教育法第124条が定める日本の教育施設である。修業年限は1年以上。 専修学校には、(専門学校, post-secondary course)、(高等専修学校, upper secondary course)、(general course)のいずれかまたは複数がおかれる。高等課程のみを置く専修学校は少なく、「専門学校」と称して専門課程とともに高等課程が置かれる専修学校が多い。 * 専門課程(ISCED-5B)- 2,817校, 学生数66万人 * 高等課程(ISCED-3C) - 424校, 学生数3.8万人 * 一般課程(ISCED非該当)- 157校, 学生数2.9万人 専修学校の教育が大学の教育と違うところは、職業人を育成するための実践の重視であり、授業の内容は平均して講義が5割、実習が4割、企業内研修が1割であった。 「大学」と「専修学校の専門課程」に同時に在籍する「ダブルスクール」の者も存在する。ダブルスクールの形態としては、その者が在籍する大学の課程が実務に直結しないため自主的に専修学校に入学する、大学と専修学校の間の提携制度の下に入学するなどがある。 (ja)
rdfs:label
  • 専修学校 (ja)
  • 専修学校 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:legalForm of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:使用目的 of
is prop-ja:内容 of
is prop-ja:学校種別 of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:現職 of
is prop-ja:種類 of
is prop-ja:課程 of
is foaf:primaryTopic of