Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 古プロイセン合同福音主義教会(ドイツ語: Die Evangelische Kirche der altpreußischen Union (Abk. EKapU, APU))は、1922年から1953年までプロイセン州、並びにその後継州における福音主義州教会の名称であった。この教会は1817年から1953年まで異なった名称で存在していた。1945年から1948年まで州教会の上部組織として存在しており、1953年から福音合同教会 (EKU) に改称して2003年まで存続していた。1817年9月27日にフリードリヒ・ヴィルヘルム3世王は、プロイセン王国においてルター派教会と改革派教会が一つの合同教会になるように指示した。彼は福音主義改革派教会、とりわけユグノー(フランス改革派教会)、ニーダーラインとフンスリュック、ベルク公国、ジーガーラントの一部に住む改革派教徒たちとプロイセン領民の大部分を占めるルター派教徒が分かれていることは時代精神に合致していないと考えていた。すでに、フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯がベルリン宗教会議で新教の異なった信仰告白を克服しようとしていた。教会行政上の統合が重要な目標であって、信仰告白の統合は目標とされていなかったが、一部の教会共同体において信仰告白の統合がおこなわれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2791615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58625468 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 古プロイセン合同福音主義教会(ドイツ語: Die Evangelische Kirche der altpreußischen Union (Abk.
rdfs:label
  • 古プロイセン合同福音主義教会
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of