Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タデウス・スティーブンス(サディアス・スティーヴンズ、英: Thaddeus Stevens、1792年4月4日-1868年8月11日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の弁護士、政治家である。ペンシルベニア州からアメリカ合衆国下院議員となり、1860年代には共和党急進派指導者の1人だった。奴隷制度とアフリカ系アメリカ人に対する人種差別に激しく反対し、レコンストラクション時代には、アンドリュー・ジョンソン大統領に反抗してアフリカ系アメリカ人の人権確保に努めた。南北戦争の時は下院歳入委員会の委員長として、戦時財政のために重要な役割を果たした。スティーブンスはバーモント州の田舎で貧窮の中に生まれ、先天性内反足だったために生涯を通じて足を引きずっていた。若いときにペンシルベニア州に移転し、直ぐにゲティスバーグで弁護士として成功した。その後は自治に関して、さらに政治に関心を持つようになった。ペンシルベニア州下院議員に選出され、無料公共教育の強い推進者になった。1842年に金銭面で困窮したために、より大きな都市であるランカスターに移って法律実務を行った。そこではホイッグ党に加わり、1848年にはアメリカ合衆国下院議員に選出された。弁護士および政治家として奴隷制度に反対したことで、有権者の票を失い、1852年の再選は求めなかった。その後は短期間ノウ・ナッシングに関わった後、結成されたばかりの共和党に入党し、1858年に再度アメリカ合衆国下院議員に選出された。マサチューセッツ州選出アメリカ合衆国上院議員チャールズ・サムナーなど急進派の仲間と共に奴隷制度の拡大に反対し、戦争が近付くと南部に対する譲歩に反対した。スティーブンスは戦争を通じて奴隷制度を生き延びさせてはならないと論じた。その考えを支持する際に、エイブラハム・リンカーン大統領の動きの悪さに憤慨させられた。下院歳入委員会の委員長として政府の財政政策を誘導した。戦争が北部勝利の方向に動き始めると、奴隷制度を廃止するだけでなく、南部の大地主から土地を没収しそれを解放奴隷に分け与えることで、アフリカ系アメリカ人に南部の未来を託すべきだと考えるようになった。その考え方はあまりに急進的過ぎて、共和党中道派の賛成を得られず、法制化されることは無かった。1865年4月にリンカーン大統領が暗殺された後、スティーブンスは後継者であるアンドリュー・ジョンソン大統領と衝突するようになった。ジョンソンは解放奴隷に対する保証無しに脱退した州を急速に連邦復帰させようとしていた。この考え方の違いはジョンソンと連邦議会の長引く戦いとなり、スティーブンスは急進派共和党を指導していった。1866年の選挙で躍進した急進派はレコンストラクションの指導権をジョンソンから奪っていった。スティーブンス最後の大きな闘争は下院でジョンソンに対する弾劾決議を確保することだったが、上院はジョンソンを有罪と認めなかった。歴史学から見たスティーブンスに対する見解は時間と共に大きく変化した。20世紀初期からはスティーブンスが向こう見ずで白人南部に対する憎しみによって動かされていたと見られた。1950年代とそれ以降の新奴隷制度廃止論者の観点からは、その平等主義の考え方を称賛されている。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2850122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 58393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57570686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:align
  • right
prop-ja:almaMater
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
prop-ja:deathDate
  • 1868-08-11 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:district
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 第8選挙区
  • 第9選挙区
prop-ja:name
  • Thaddeus Stevens
  • タデウス・スティーブンス
prop-ja:nickname
  • * Thad * "The Old Commoner" * "The Great Commoner"
prop-ja:party
prop-ja:preceded
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:quote
  • この発言のどこにおいても個人的な非難をしないのが私の目的であります。私は如何なる人にも悪意を持たず、私が知っている如何なる獣にも、私が言及する過程で(民主党の)スカンクに対してもであります。南部を非難する気持ちはこれっぽっちもありません。その勇気と忠誠心を称賛します。酷く悪意に満ちたやり方にあっても、統合された前線を見せています。その息子たちは人間の絆に対して誠実であり、それがかれらの流儀だからです。しかし、北部、貧しく臆病で、雇われ人の召使である北部は、その守る側の統合された防御力を持っていませんが、人間の自由に立っています。南部の専制者を宥めるための犠牲になろうとしており、南部の反逆者と仲直りしようとしているのです。
  • 廃止、そうだこの合衆国を除いて地球上の全てを廃止する。すべての奴隷を解放し、全ての裏切者を殺す、反逆者の邸宅を全て燃やす。これらのことがこの世界と子孫のための自由の殿堂を保存するために必要であるならばだ。
  • 私はこの静かで辺鄙な土地で横になる 孤独のために自然を愛好する心からは離れないが 人種で区切られた他の墓地を見出す :認可規則によって 私は描くことができるようこの場所を選んだ :私の死のときに 私が提案した原則を :長い生涯を通じて; 創造主なる神の前の人間の平等を
prop-ja:restingplace
  • ペンシルベニア州ランカスター市シュライナー・コンコード墓地
prop-ja:salign
  • right
prop-ja:signature
  • T Stevens Signature.svg
prop-ja:source
  • --06-10
  • --09-01
  • スティーブンスの墓碑銘
prop-ja:state
prop-ja:succeeded
prop-ja:termEnd
  • --03-03
  • --08-11
prop-ja:termStart
  • --03-04
prop-ja:title
  • 下院歳入委員会委員長
  • アメリカ合衆国議会議事堂のロタンダに棺が安置された人物
prop-ja:width
  • 23 (xsd:integer)
  • 24 (xsd:integer)
  • 27 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1849 (xsd:integer)
  • 1859 (xsd:integer)
  • 1861 (xsd:integer)
  • --08-13
dcterms:subject
georss:point
  • 40.04 -76.31027777777778
rdf:type
rdfs:comment
  • タデウス・スティーブンス(サディアス・スティーヴンズ、英: Thaddeus Stevens、1792年4月4日-1868年8月11日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の弁護士、政治家である。ペンシルベニア州からアメリカ合衆国下院議員となり、1860年代には共和党急進派指導者の1人だった。奴隷制度とアフリカ系アメリカ人に対する人種差別に激しく反対し、レコンストラクション時代には、アンドリュー・ジョンソン大統領に反抗してアフリカ系アメリカ人の人権確保に努めた。南北戦争の時は下院歳入委員会の委員長として、戦時財政のために重要な役割を果たした。スティーブンスはバーモント州の田舎で貧窮の中に生まれ、先天性内反足だったために生涯を通じて足を引きずっていた。若いときにペンシルベニア州に移転し、直ぐにゲティスバーグで弁護士として成功した。その後は自治に関して、さらに政治に関心を持つようになった。ペンシルベニア州下院議員に選出され、無料公共教育の強い推進者になった。1842年に金銭面で困窮したために、より大きな都市であるランカスターに移って法律実務を行った。そこではホイッグ党に加わり、1848年にはアメリカ合衆国下院議員に選出された。弁護士および政治家として奴隷制度に反対したことで、有権者の票を失い、1852年の再選は求めなかった。その後は短期間ノウ・ナッシングに関わった後、結成されたばかりの共和党に入党し、1858年に再度アメリカ合衆国下院議員に選出された。マサチューセッツ州選出アメリカ合衆国上院議員チャールズ・サムナーなど急進派の仲間と共に奴隷制度の拡大に反対し、戦争が近付くと南部に対する譲歩に反対した。スティーブンスは戦争を通じて奴隷制度を生き延びさせてはならないと論じた。その考えを支持する際に、エイブラハム・リンカーン大統領の動きの悪さに憤慨させられた。下院歳入委員会の委員長として政府の財政政策を誘導した。戦争が北部勝利の方向に動き始めると、奴隷制度を廃止するだけでなく、南部の大地主から土地を没収しそれを解放奴隷に分け与えることで、アフリカ系アメリカ人に南部の未来を託すべきだと考えるようになった。その考え方はあまりに急進的過ぎて、共和党中道派の賛成を得られず、法制化されることは無かった。1865年4月にリンカーン大統領が暗殺された後、スティーブンスは後継者であるアンドリュー・ジョンソン大統領と衝突するようになった。ジョンソンは解放奴隷に対する保証無しに脱退した州を急速に連邦復帰させようとしていた。この考え方の違いはジョンソンと連邦議会の長引く戦いとなり、スティーブンスは急進派共和党を指導していった。1866年の選挙で躍進した急進派はレコンストラクションの指導権をジョンソンから奪っていった。スティーブンス最後の大きな闘争は下院でジョンソンに対する弾劾決議を確保することだったが、上院はジョンソンを有罪と認めなかった。歴史学から見たスティーブンスに対する見解は時間と共に大きく変化した。20世紀初期からはスティーブンスが向こう見ずで白人南部に対する憎しみによって動かされていたと見られた。1950年代とそれ以降の新奴隷制度廃止論者の観点からは、その平等主義の考え方を称賛されている。
rdfs:label
  • タデウス・スティーブンス
owl:sameAs
geo:lat
  • 40.040001 (xsd:float)
geo:long
  • -76.310280 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of