Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タイプ (type) という語は、生物の分類学においては以下の意味で用いられる。 ある生物の新種記載を行う際に、その生物を定義するための記述(記載文、判別文)の拠り所となった標本や図解のこと。模式標本、基準標本、タイプ標本などとも呼ばれる。細菌では純粋培養された生菌株がタイプとして認められる。その菌株を基準株 (type strain) という。 科や属といった分類群(→生物の分類)を設ける際に、その群の代表として指定される下位分類群のこと。指定される属や種はタイプ属、タイプ種などと呼ばれる。模式属、模式種ともいう。本稿では上記1を扱う。タイプの詳細な定義は、各生物が帰属すべき分類群の命名規約に従う。おおよそ、生物の種類と命名規約との対応関係は以下のようになっている。 動物・原生生物→国際動物命名規約 (ICZN) 植物・菌類・藻類→国際藻類・菌類・植物命名規約 (ICN)。国際植物命名規約 (ICBN) より改称 真正細菌・古細菌→国際細菌命名規約 (ICNB)各タイプが定義されている命名規約を示すため、必要に応じて ICZN、ICBN、ICNB をそれぞれ【動】【植】【細】として印を付した。また、記事中の文章の直接の根拠となる条文がある場合、もしくはおおよそ対応する文章が命名規約(の邦訳)にある場合は、文末に括弧書きで命名規約の版と条文番号等を付した。 ICZN4 → 国際動物命名規約 第4版 (1999) ICBN13 → 国際植物命名規約 セントルイス規約 (2000) ICNB1990 → 国際細菌命名規約 1990年版
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 416208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48731905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タイプ (type) という語は、生物の分類学においては以下の意味で用いられる。 ある生物の新種記載を行う際に、その生物を定義するための記述(記載文、判別文)の拠り所となった標本や図解のこと。模式標本、基準標本、タイプ標本などとも呼ばれる。細菌では純粋培養された生菌株がタイプとして認められる。その菌株を基準株 (type strain) という。 科や属といった分類群(→生物の分類)を設ける際に、その群の代表として指定される下位分類群のこと。指定される属や種はタイプ属、タイプ種などと呼ばれる。模式属、模式種ともいう。本稿では上記1を扱う。タイプの詳細な定義は、各生物が帰属すべき分類群の命名規約に従う。おおよそ、生物の種類と命名規約との対応関係は以下のようになっている。 動物・原生生物→国際動物命名規約 (ICZN) 植物・菌類・藻類→国際藻類・菌類・植物命名規約 (ICN)。国際植物命名規約 (ICBN) より改称 真正細菌・古細菌→国際細菌命名規約 (ICNB)各タイプが定義されている命名規約を示すため、必要に応じて ICZN、ICBN、ICNB をそれぞれ【動】【植】【細】として印を付した。また、記事中の文章の直接の根拠となる条文がある場合、もしくはおおよそ対応する文章が命名規約(の邦訳)にある場合は、文末に括弧書きで命名規約の版と条文番号等を付した。 ICZN4 → 国際動物命名規約 第4版 (1999) ICBN13 → 国際植物命名規約 セントルイス規約 (2000) ICNB1990 → 国際細菌命名規約 1990年版
rdfs:label
  • タイプ (分類学)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of