Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エミラウ島の無血占領(エミラウとうのむけつせんりょう)とは、太平洋戦争での島嶼をめぐる戦闘の一つであり、ダグラス・マッカーサー陸軍大将が進めていた日本軍の主要基地の一つであるラバウルへの包囲網構築の最終戦として行われた。1944年(昭和19年)3月20日にエミラウ島へアメリカ海兵隊が上陸したものの島に日本軍はおらず、負傷者1名を出したのみで無血占領という形により戦いは終わった。エミラウ島の確保によって連合軍は同島に航空基地を設営し、ラバウルとカビエンに対する包囲網を完成させた。このことにより、マッカーサー指揮下のニューギニア方面の連合軍はニューギニア島北岸への進撃を本格化させることとなった。
dbpedia-owl:casualties
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:description
  • エミラウ島とカビエンの位置関係とエミラウ島への攻撃計画
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • 連合軍による、ラバウルおよびカビエンに対する包囲網が完成
dbpedia-owl:strength
  • 兵員18,000
  • (なし)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2757265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47949606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • エミラウ島占領
prop-ja:campaign
  • ニューギニアの戦い
prop-ja:caption
  • エミラウ島とカビエンの位置関係とエミラウ島への攻撃計画
prop-ja:casualties
  • (なし)
  • 負傷1
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffff99;color:#2222cc
prop-ja:commander
  • (なし)
  • ウィリアム・ハルゼーローレンス・F・レイフスナイダーアルフレッド・H・ノーブル
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --03-20
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 連合軍による、ラバウルおよびカビエンに対する包囲網が完成
prop-ja:strength
  • (なし)
  • 兵員18,000
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エミラウ島の無血占領(エミラウとうのむけつせんりょう)とは、太平洋戦争での島嶼をめぐる戦闘の一つであり、ダグラス・マッカーサー陸軍大将が進めていた日本軍の主要基地の一つであるラバウルへの包囲網構築の最終戦として行われた。1944年(昭和19年)3月20日にエミラウ島へアメリカ海兵隊が上陸したものの島に日本軍はおらず、負傷者1名を出したのみで無血占領という形により戦いは終わった。エミラウ島の確保によって連合軍は同島に航空基地を設営し、ラバウルとカビエンに対する包囲網を完成させた。このことにより、マッカーサー指揮下のニューギニア方面の連合軍はニューギニア島北岸への進撃を本格化させることとなった。
rdfs:label
  • エミラウ島の無血占領
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エミラウ島占領
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of