観音寺城の戦い(かんのんじじょうのたたかい)は、永禄11年(1568年)9月12日、足利義昭を奉じて上洛の途にあった織田信長と近江守護である六角義賢・義治父子との間で行なわれた戦い。支城の箕作城が主戦場だったため、箕作城の戦いともいわれている。 信長の天下布武が実践された最初の戦いであり、直後の京都・畿内平定に影響を与え、事実上の天下人として名乗りを上げる契機となった。この上洛以降を安土桃山時代と区分するならば、観音寺城の戦いは戦国時代最後の合戦といえる。一夜で箕作城が落城すると、観音寺城は無血開城し、六角氏は甲賀郡に逃走した。

Property Value
dbo:abstract
  • 観音寺城の戦い(かんのんじじょうのたたかい)は、永禄11年(1568年)9月12日、足利義昭を奉じて上洛の途にあった織田信長と近江守護である六角義賢・義治父子との間で行なわれた戦い。支城の箕作城が主戦場だったため、箕作城の戦いともいわれている。 信長の天下布武が実践された最初の戦いであり、直後の京都・畿内平定に影響を与え、事実上の天下人として名乗りを上げる契機となった。この上洛以降を安土桃山時代と区分するならば、観音寺城の戦いは戦国時代最後の合戦といえる。一夜で箕作城が落城すると、観音寺城は無血開城し、六角氏は甲賀郡に逃走した。 (ja)
  • 観音寺城の戦い(かんのんじじょうのたたかい)は、永禄11年(1568年)9月12日、足利義昭を奉じて上洛の途にあった織田信長と近江守護である六角義賢・義治父子との間で行なわれた戦い。支城の箕作城が主戦場だったため、箕作城の戦いともいわれている。 信長の天下布武が実践された最初の戦いであり、直後の京都・畿内平定に影響を与え、事実上の天下人として名乗りを上げる契機となった。この上洛以降を安土桃山時代と区分するならば、観音寺城の戦いは戦国時代最後の合戦といえる。一夜で箕作城が落城すると、観音寺城は無血開城し、六角氏は甲賀郡に逃走した。 (ja)
dbo:casualties
  • 1500 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 20px織田軍
  • 20px浅井軍
  • 20px六角軍
  • 20px徳川軍
dbo:description
  • 観音寺城の平井丸虎口 (ja)
  • 観音寺城の平井丸虎口 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:result
  • 織田軍の勝利
dbo:strength
  • 11,000以上
  • 50,000 - 60,000
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1500767 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6724 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81040321 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 観音寺城の戦い (ja)
  • 観音寺城の戦い (ja)
prop-ja:campaign
  • 織田信長の戦闘 (ja)
  • 織田信長の戦闘 (ja)
prop-ja:caption
  • 観音寺城の平井丸虎口 (ja)
  • 観音寺城の平井丸虎口 (ja)
prop-ja:casualties
  • 1500 (xsd:integer)
  • 不明 (ja)
prop-ja:combatant
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 2020 (xsd:integer)
  • --09-12
prop-ja:place
  • 観音寺城、箕作城、和田山城一帯 (ja)
  • 観音寺城、箕作城、和田山城一帯 (ja)
prop-ja:result
  • 織田軍の勝利 (ja)
  • 織田軍の勝利 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • 11000 (xsd:integer)
  • 50000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 観音寺城の戦い(かんのんじじょうのたたかい)は、永禄11年(1568年)9月12日、足利義昭を奉じて上洛の途にあった織田信長と近江守護である六角義賢・義治父子との間で行なわれた戦い。支城の箕作城が主戦場だったため、箕作城の戦いともいわれている。 信長の天下布武が実践された最初の戦いであり、直後の京都・畿内平定に影響を与え、事実上の天下人として名乗りを上げる契機となった。この上洛以降を安土桃山時代と区分するならば、観音寺城の戦いは戦国時代最後の合戦といえる。一夜で箕作城が落城すると、観音寺城は無血開城し、六角氏は甲賀郡に逃走した。 (ja)
  • 観音寺城の戦い(かんのんじじょうのたたかい)は、永禄11年(1568年)9月12日、足利義昭を奉じて上洛の途にあった織田信長と近江守護である六角義賢・義治父子との間で行なわれた戦い。支城の箕作城が主戦場だったため、箕作城の戦いともいわれている。 信長の天下布武が実践された最初の戦いであり、直後の京都・畿内平定に影響を与え、事実上の天下人として名乗りを上げる契機となった。この上洛以降を安土桃山時代と区分するならば、観音寺城の戦いは戦国時代最後の合戦といえる。一夜で箕作城が落城すると、観音寺城は無血開城し、六角氏は甲賀郡に逃走した。 (ja)
rdfs:label
  • 観音寺城の戦い (ja)
  • 観音寺城の戦い (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 観音寺城の戦い (ja)
  • 観音寺城の戦い (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of