絶海中津(ぜっかい ちゅうしん、建武元年11月13日〈1334年12月9日〉 - 応永12年4月5日〈1405年5月3日〉)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての臨済宗の禅僧・漢詩人。道号は絶海のほかに要関、堅子、蕉堅道人など多数ある。中津は諱。義堂周信と共に「五山文学の双璧」と併称されてきたが、20世紀後半から義堂より詩風の高さを評価され、五山文学ひいては中世文芸史の頂点を為すと論じられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 絶海中津(ぜっかい ちゅうしん、建武元年11月13日〈1334年12月9日〉 - 応永12年4月5日〈1405年5月3日〉)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての臨済宗の禅僧・漢詩人。道号は絶海のほかに要関、堅子、蕉堅道人など多数ある。中津は諱。義堂周信と共に「五山文学の双璧」と併称されてきたが、20世紀後半から義堂より詩風の高さを評価され、五山文学ひいては中世文芸史の頂点を為すと論じられている。 (ja)
  • 絶海中津(ぜっかい ちゅうしん、建武元年11月13日〈1334年12月9日〉 - 応永12年4月5日〈1405年5月3日〉)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての臨済宗の禅僧・漢詩人。道号は絶海のほかに要関、堅子、蕉堅道人など多数ある。中津は諱。義堂周信と共に「五山文学の双璧」と併称されてきたが、20世紀後半から義堂より詩風の高さを評価され、五山文学ひいては中世文芸史の頂点を為すと論じられている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 343878 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3755 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3763 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80006228 (xsd:integer)
  • 83022014 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 絶海中津(ぜっかい ちゅうしん、建武元年11月13日〈1334年12月9日〉 - 応永12年4月5日〈1405年5月3日〉)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての臨済宗の禅僧・漢詩人。道号は絶海のほかに要関、堅子、蕉堅道人など多数ある。中津は諱。義堂周信と共に「五山文学の双璧」と併称されてきたが、20世紀後半から義堂より詩風の高さを評価され、五山文学ひいては中世文芸史の頂点を為すと論じられている。 (ja)
  • 絶海中津(ぜっかい ちゅうしん、建武元年11月13日〈1334年12月9日〉 - 応永12年4月5日〈1405年5月3日〉)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての臨済宗の禅僧・漢詩人。道号は絶海のほかに要関、堅子、蕉堅道人など多数ある。中津は諱。義堂周信と共に「五山文学の双璧」と併称されてきたが、20世紀後半から義堂より詩風の高さを評価され、五山文学ひいては中世文芸史の頂点を為すと論じられている。 (ja)
rdfs:label
  • 絶海中津 (ja)
  • 絶海中津 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of