無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れと穢れを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された。

Property Value
dbo:abstract
  • 無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れと穢れを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された。 (ja)
  • 無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れと穢れを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 56994 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5987 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 6001 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80801382 (xsd:integer)
  • 82641136 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れと穢れを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された。 (ja)
  • 無原罪の御宿り(むげんざいのおんやどり、ラテン語: Immaculata Conceptio Beatae Virginis Mariae)とは、聖母マリアが、神の恵みの特別なはからいによって、原罪の汚れと穢れを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義である。。無原罪懐胎(むげんざいかいたい)とも言う。 1854年に正式に信仰箇条として宣言決定された。 (ja)
rdfs:label
  • 無原罪の御宿り (ja)
  • 無原罪の御宿り (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:patrono of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:守護聖人 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of