平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛の正室(継室)。位階は従二位。二位尼(にいのあま)と称される。下級公家の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。また能円の異父姉にもあたる。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。

Property Value
dbo:abstract
  • 平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛の正室(継室)。位階は従二位。二位尼(にいのあま)と称される。下級公家の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。また能円の異父姉にもあたる。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。 (ja)
  • 平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛の正室(継室)。位階は従二位。二位尼(にいのあま)と称される。下級公家の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。また能円の異父姉にもあたる。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 192646 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2947 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2955 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80137144 (xsd:integer)
  • 86412240 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛の正室(継室)。位階は従二位。二位尼(にいのあま)と称される。下級公家の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。また能円の異父姉にもあたる。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。 (ja)
  • 平 時子(たいら の ときこ、大治元年(1126年) - 文治元年3月24日(1185年4月25日)は、平安時代末期の女性。平清盛の正室(継室)。位階は従二位。二位尼(にいのあま)と称される。下級公家の平時信の娘で、母は二条大宮(令子内親王)の半物(氏素性は未詳)。権大納言・平時忠の同母姉、平滋子(建春門院)の異母姉。また能円の異父姉にもあたる。清盛との間に宗盛、知盛、徳子(建礼門院)、重衡らを生む。 (ja)
rdfs:label
  • 平時子 (ja)
  • 平時子 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is prop-ja:母親 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of