佐竹 秀義(さたけ ひでよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。清和源氏義光流。源義光(新羅三郎)の孫の源昌義が常陸国佐竹郷に住んで、佐竹を号したことに始まる佐竹氏第3代当主。2代当主佐竹隆義の三男。長兄・義政が金砂城の戦い以前に上総広常により謀殺され、次兄の義清は庶子のために、その嫡男となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 佐竹 秀義(さたけ ひでよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。清和源氏義光流。源義光(新羅三郎)の孫の源昌義が常陸国佐竹郷に住んで、佐竹を号したことに始まる佐竹氏第3代当主。2代当主佐竹隆義の三男。長兄・義政が金砂城の戦い以前に上総広常により謀殺され、次兄の義清は庶子のために、その嫡男となった。 (ja)
  • 佐竹 秀義(さたけ ひでよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。清和源氏義光流。源義光(新羅三郎)の孫の源昌義が常陸国佐竹郷に住んで、佐竹を号したことに始まる佐竹氏第3代当主。2代当主佐竹隆義の三男。長兄・義政が金砂城の戦い以前に上総広常により謀殺され、次兄の義清は庶子のために、その嫡男となった。 (ja)
dbo:alias
  • 四郎 (ja)
  • 蓮実(法号) (ja)
  • 四郎 (ja)
  • 蓮実(法号) (ja)
dbo:child
dbo:deathDate
  • 2018-02-01 (xsd:date)
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 245997 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2040 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 73981834 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 四郎 (ja)
  • 四郎 (ja)
prop-ja:墓所
  • 茨城県常陸太田市の勝楽寺(正宗寺) (ja)
  • 茨城県常陸太田市の勝楽寺(正宗寺) (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • 義重、秀繁(秀重)、南酒出義茂、義将、北酒出季義 (ja)
  • 義重、秀繁(秀重)、南酒出義茂、義将、北酒出季義 (ja)
prop-ja:官位
  • 佐竹別当、常陸介 (ja)
  • 佐竹別当、常陸介 (ja)
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 蓮実(法号) (ja)
  • 蓮実(法号) (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --12-18
prop-ja:氏名
  • 佐竹秀義 (ja)
  • 佐竹秀義 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:佐竹隆義、母:戸村能通の娘 (ja)
  • 父:佐竹隆義、母:戸村能通の娘 (ja)
prop-ja:生誕
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 佐竹 秀義(さたけ ひでよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。清和源氏義光流。源義光(新羅三郎)の孫の源昌義が常陸国佐竹郷に住んで、佐竹を号したことに始まる佐竹氏第3代当主。2代当主佐竹隆義の三男。長兄・義政が金砂城の戦い以前に上総広常により謀殺され、次兄の義清は庶子のために、その嫡男となった。 (ja)
  • 佐竹 秀義(さたけ ひでよし)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将。清和源氏義光流。源義光(新羅三郎)の孫の源昌義が常陸国佐竹郷に住んで、佐竹を号したことに始まる佐竹氏第3代当主。2代当主佐竹隆義の三男。長兄・義政が金砂城の戦い以前に上総広常により謀殺され、次兄の義清は庶子のために、その嫡男となった。 (ja)
rdfs:label
  • 佐竹秀義 (ja)
  • 佐竹秀義 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 佐竹秀義 (ja)
  • 佐竹秀義 (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of