仁治三年の政変(にんじさんねんのせいへん)とは、仁治3年(1242年)に発生した一連の政治的変動の総称である。年明けの四条天皇崩御に伴う皇統断絶(京洛政変)に始まり、執権北条泰時の死去による得宗家の家督継承(関東政変)に至る政治的変動の総称である。両者は直接の関連性はないものの、京都朝廷と鎌倉幕府でほぼ同時並行で起こったこの政治的変動は4年後に発生する宮騒動の前段階として位置づけられる。 なお、鎌倉幕府の歴史書といえる『吾妻鏡』の仁治3年(1242年)条が現存しないために、京都の公家日記や後世編纂の史料に依拠する部分も多く、全ての真相が分かっている訳では無いことに留意する必要がある。

Property Value
dbo:abstract
  • 仁治三年の政変(にんじさんねんのせいへん)とは、仁治3年(1242年)に発生した一連の政治的変動の総称である。年明けの四条天皇崩御に伴う皇統断絶(京洛政変)に始まり、執権北条泰時の死去による得宗家の家督継承(関東政変)に至る政治的変動の総称である。両者は直接の関連性はないものの、京都朝廷と鎌倉幕府でほぼ同時並行で起こったこの政治的変動は4年後に発生する宮騒動の前段階として位置づけられる。 なお、鎌倉幕府の歴史書といえる『吾妻鏡』の仁治3年(1242年)条が現存しないために、京都の公家日記や後世編纂の史料に依拠する部分も多く、全ての真相が分かっている訳では無いことに留意する必要がある。 (ja)
  • 仁治三年の政変(にんじさんねんのせいへん)とは、仁治3年(1242年)に発生した一連の政治的変動の総称である。年明けの四条天皇崩御に伴う皇統断絶(京洛政変)に始まり、執権北条泰時の死去による得宗家の家督継承(関東政変)に至る政治的変動の総称である。両者は直接の関連性はないものの、京都朝廷と鎌倉幕府でほぼ同時並行で起こったこの政治的変動は4年後に発生する宮騒動の前段階として位置づけられる。 なお、鎌倉幕府の歴史書といえる『吾妻鏡』の仁治3年(1242年)条が現存しないために、京都の公家日記や後世編纂の史料に依拠する部分も多く、全ての真相が分かっている訳では無いことに留意する必要がある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4253390 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8039 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 84475410 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 仁治三年の政変(にんじさんねんのせいへん)とは、仁治3年(1242年)に発生した一連の政治的変動の総称である。年明けの四条天皇崩御に伴う皇統断絶(京洛政変)に始まり、執権北条泰時の死去による得宗家の家督継承(関東政変)に至る政治的変動の総称である。両者は直接の関連性はないものの、京都朝廷と鎌倉幕府でほぼ同時並行で起こったこの政治的変動は4年後に発生する宮騒動の前段階として位置づけられる。 なお、鎌倉幕府の歴史書といえる『吾妻鏡』の仁治3年(1242年)条が現存しないために、京都の公家日記や後世編纂の史料に依拠する部分も多く、全ての真相が分かっている訳では無いことに留意する必要がある。 (ja)
  • 仁治三年の政変(にんじさんねんのせいへん)とは、仁治3年(1242年)に発生した一連の政治的変動の総称である。年明けの四条天皇崩御に伴う皇統断絶(京洛政変)に始まり、執権北条泰時の死去による得宗家の家督継承(関東政変)に至る政治的変動の総称である。両者は直接の関連性はないものの、京都朝廷と鎌倉幕府でほぼ同時並行で起こったこの政治的変動は4年後に発生する宮騒動の前段階として位置づけられる。 なお、鎌倉幕府の歴史書といえる『吾妻鏡』の仁治3年(1242年)条が現存しないために、京都の公家日記や後世編纂の史料に依拠する部分も多く、全ての真相が分かっている訳では無いことに留意する必要がある。 (ja)
rdfs:label
  • 仁治三年の政変 (ja)
  • 仁治三年の政変 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of