Java(ジャヴァ)は、クラスベースのオブジェクト指向の、実装の依存関係をできるだけ少なくするように設計された汎用プログラミング言語である。これは、アプリケーション開発者が一度書いたらどこでも実行できるようにすること(WORA:write once, run anywhere)を目的としている。つまり、コンパイルされたJavaコードは、再コンパイルを必要とせずにJavaをサポートするすべてのプラットフォーム上で実行できる。Javaアプリケーションは、通常、基礎となるコンピュータアーキテクチャに関係なく、あらゆるJava仮想マシン(JVM)上で実行できるバイトコードにコンパイルされる。Javaの構文はCおよびC ++に似ているが、どちらよりも低レベルの機能が少ない。2019年の時点で、GitHub によると、Javaは、特にクライアント/サーバー型のWebアプリケーションで使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つであり 、900万人の開発者がいると報告されている。

Property Value
dbo:abstract
  • Java(ジャヴァ)は、クラスベースのオブジェクト指向の、実装の依存関係をできるだけ少なくするように設計された汎用プログラミング言語である。これは、アプリケーション開発者が一度書いたらどこでも実行できるようにすること(WORA:write once, run anywhere)を目的としている。つまり、コンパイルされたJavaコードは、再コンパイルを必要とせずにJavaをサポートするすべてのプラットフォーム上で実行できる。Javaアプリケーションは、通常、基礎となるコンピュータアーキテクチャに関係なく、あらゆるJava仮想マシン(JVM)上で実行できるバイトコードにコンパイルされる。Javaの構文はCおよびC ++に似ているが、どちらよりも低レベルの機能が少ない。2019年の時点で、GitHub によると、Javaは、特にクライアント/サーバー型のWebアプリケーションで使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つであり 、900万人の開発者がいると報告されている。 Javaは元々、サン・マイクロシステムズ(その後Oracleに買収された)のジェームズ・ゴスリンによって開発され、Sun MicrosystemsのJavaプラットフォームのコアコンポーネントとして1995年にリリースされた。オリジナルのJavaコンパイラやリファレンス実装のJavaコンパイラ、仮想マシン、クラスライブラリは、もともとSunが独占的なライセンスでリリースしていた。2007年5月の時点では、Java Community Processの仕様に準拠して、SunはそのJava技術のほとんどをGNU General Public Licenseの下で再ライセンスしていた。一方で、GNU Compiler for Java (バイトコードコンパイラ)、GNU Classpath (標準ライブラリ)、IcedTea-Web (アプレット用ブラウザプラグイン)など、Sunの技術の代替実装が開発されてる。 最新バージョンは、2020年3月にリリースされたJava 14と、2018年9月25日にリリースされ現在サポートされている長期サポート(LTS)版のJava 11である。オラクルは、レガシーであるJava 8 LTSについては商用利用向けに2019年1月に最後の無料公開アップデートをリリースしたが、一方で少なくとも2020年12月までは個人利用向けの公開アップデートでJava 8をサポートする予定である。オラクル(およびその他)は、未解決のセキュリティ問題による深刻なリスクがあるため、古いバージョンのJavaをアンインストールすることを強く推奨している。Java 9、10、12、13はサポートされなくなったため、オラクルはユーザーに最新バージョン(現在はJava 14)またはLTSリリース版に直ちに移行するようアドバイスしている。 (ja)
  • Java(ジャヴァ)は、クラスベースのオブジェクト指向の、実装の依存関係をできるだけ少なくするように設計された汎用プログラミング言語である。これは、アプリケーション開発者が一度書いたらどこでも実行できるようにすること(WORA:write once, run anywhere)を目的としている。つまり、コンパイルされたJavaコードは、再コンパイルを必要とせずにJavaをサポートするすべてのプラットフォーム上で実行できる。Javaアプリケーションは、通常、基礎となるコンピュータアーキテクチャに関係なく、あらゆるJava仮想マシン(JVM)上で実行できるバイトコードにコンパイルされる。Javaの構文はCおよびC ++に似ているが、どちらよりも低レベルの機能が少ない。2019年の時点で、GitHub によると、Javaは、特にクライアント/サーバー型のWebアプリケーションで使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つであり 、900万人の開発者がいると報告されている。 Javaは元々、サン・マイクロシステムズ(その後Oracleに買収された)のジェームズ・ゴスリンによって開発され、Sun MicrosystemsのJavaプラットフォームのコアコンポーネントとして1995年にリリースされた。オリジナルのJavaコンパイラやリファレンス実装のJavaコンパイラ、仮想マシン、クラスライブラリは、もともとSunが独占的なライセンスでリリースしていた。2007年5月の時点では、Java Community Processの仕様に準拠して、SunはそのJava技術のほとんどをGNU General Public Licenseの下で再ライセンスしていた。一方で、GNU Compiler for Java (バイトコードコンパイラ)、GNU Classpath (標準ライブラリ)、IcedTea-Web (アプレット用ブラウザプラグイン)など、Sunの技術の代替実装が開発されてる。 最新バージョンは、2020年3月にリリースされたJava 14と、2018年9月25日にリリースされ現在サポートされている長期サポート(LTS)版のJava 11である。オラクルは、レガシーであるJava 8 LTSについては商用利用向けに2019年1月に最後の無料公開アップデートをリリースしたが、一方で少なくとも2020年12月までは個人利用向けの公開アップデートでJava 8をサポートする予定である。オラクル(およびその他)は、未解決のセキュリティ問題による深刻なリスクがあるため、古いバージョンのJavaをアンインストールすることを強く推奨している。Java 9、10、12、13はサポートされなくなったため、オラクルはユーザーに最新バージョン(現在はJava 14)またはLTSリリース版に直ちに移行するようアドバイスしている。 (ja)
dbo:designer
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:latestReleaseVersion
  • Java Standard Edition 15.0.2
dbo:license
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1279 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 40120 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81469330 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:designer
prop-ja:fetchwikidata
  • ALL (ja)
  • ALL (ja)
prop-ja:fileExt
  • java、class、jar (ja)
  • java、class、jar (ja)
prop-ja:implementations
prop-ja:influenced
prop-ja:influencedBy
prop-ja:latestReleaseVersion
  • Java Standard Edition 15.0.2 (ja)
  • Java Standard Edition 15.0.2 (ja)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • File: Java 20131025 1864663017.jpg (ja)
  • File: Java 20131025 1864663017.jpg (ja)
prop-ja:name
  • Java (ja)
  • Java (ja)
prop-ja:onlysourced
  • true (ja)
  • true (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:paradigm
prop-ja:released
  • 1995 (xsd:integer)
  • --01-23
  • --05-23
prop-ja:typing
  • 強い静的型付け (ja)
  • 強い静的型付け (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Java(ジャヴァ)は、クラスベースのオブジェクト指向の、実装の依存関係をできるだけ少なくするように設計された汎用プログラミング言語である。これは、アプリケーション開発者が一度書いたらどこでも実行できるようにすること(WORA:write once, run anywhere)を目的としている。つまり、コンパイルされたJavaコードは、再コンパイルを必要とせずにJavaをサポートするすべてのプラットフォーム上で実行できる。Javaアプリケーションは、通常、基礎となるコンピュータアーキテクチャに関係なく、あらゆるJava仮想マシン(JVM)上で実行できるバイトコードにコンパイルされる。Javaの構文はCおよびC ++に似ているが、どちらよりも低レベルの機能が少ない。2019年の時点で、GitHub によると、Javaは、特にクライアント/サーバー型のWebアプリケーションで使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つであり 、900万人の開発者がいると報告されている。 (ja)
  • Java(ジャヴァ)は、クラスベースのオブジェクト指向の、実装の依存関係をできるだけ少なくするように設計された汎用プログラミング言語である。これは、アプリケーション開発者が一度書いたらどこでも実行できるようにすること(WORA:write once, run anywhere)を目的としている。つまり、コンパイルされたJavaコードは、再コンパイルを必要とせずにJavaをサポートするすべてのプラットフォーム上で実行できる。Javaアプリケーションは、通常、基礎となるコンピュータアーキテクチャに関係なく、あらゆるJava仮想マシン(JVM)上で実行できるバイトコードにコンパイルされる。Javaの構文はCおよびC ++に似ているが、どちらよりも低レベルの機能が少ない。2019年の時点で、GitHub によると、Javaは、特にクライアント/サーバー型のWebアプリケーションで使用されている最も人気のあるプログラミング言語の1つであり 、900万人の開発者がいると報告されている。 (ja)
rdfs:label
  • Java (ja)
  • Java (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Java (ja)
  • Java (ja)
is dbo:computingPlatform of
is dbo:influenced of
is dbo:influencedBy of
is dbo:knownFor of
is dbo:operatingSystem of
is dbo:programmingLanguage of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:extendedfrom of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influencedBy of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:language of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:progLanguage of
is prop-ja:programmedIn of
is prop-ja:programmingLanguage of
is prop-ja:プログラミング言語 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:対応os of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is prop-ja:対応言語 of
is prop-ja:影響を与えた言語 of
is prop-ja:影響を受けた言語 of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:言語 of
is foaf:primaryTopic of