Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • FLIR(フリア、フリアー)[1] は、"forward looking infra-red"の略で、「赤外線前方監視(装置)」「前方監視赤外線(装置)」などと訳される。航空機(特に軍用機)に搭載され、前方の赤外線画像をビデオカメラで撮影するシステムである。特定のシステムの名称ではなく、この種のシステムに対する一般名詞である。FLIRにより、夜間や悪天候時の操縦が可能になる。FLIRで得られた赤外線画像は、コックピットやパイロットのHUDに表示されたり、武器システムに直接送られたりする。赤外線には2つの基本的な帯域がある。長波長赤外線と中波長赤外線である。長波長赤外線カメラはしばしば"遠赤外線"カメラと呼ばれ、数マイル遠方の8-12マイクロメーターの帯域でのエンジンや人体の熱映像を見ることができる。ただし、赤外線は空気や水蒸気で吸光、散乱、屈折するので、遠距離の画像を見るのは困難である。いくつかの長波長FLIRは冷却された検出器を使用するが、最近は非冷却式も増えつつある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1026311 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59076457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • LANTIRNのFLIRによる赤外線画像
  • タレス・グループのダモクル 別名ナビゲーション赤外線ポッド(NAVFLIR)
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • F-15E LANTIRN IR HUD image.jpg
  • NAVFLIR DAMOCLES P1220870.jpg
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • FLIR(フリア、フリアー)[1] は、"forward looking infra-red"の略で、「赤外線前方監視(装置)」「前方監視赤外線(装置)」などと訳される。航空機(特に軍用機)に搭載され、前方の赤外線画像をビデオカメラで撮影するシステムである。特定のシステムの名称ではなく、この種のシステムに対する一般名詞である。FLIRにより、夜間や悪天候時の操縦が可能になる。FLIRで得られた赤外線画像は、コックピットやパイロットのHUDに表示されたり、武器システムに直接送られたりする。赤外線には2つの基本的な帯域がある。長波長赤外線と中波長赤外線である。長波長赤外線カメラはしばしば"遠赤外線"カメラと呼ばれ、数マイル遠方の8-12マイクロメーターの帯域でのエンジンや人体の熱映像を見ることができる。ただし、赤外線は空気や水蒸気で吸光、散乱、屈折するので、遠距離の画像を見るのは困難である。いくつかの長波長FLIRは冷却された検出器を使用するが、最近は非冷却式も増えつつある。
rdfs:label
  • FLIR
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:光学 of
is foaf:primaryTopic of