Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Basic Input/Output System(ベーシック インプット/アウトプット システム、頭字語:BIOS(バイオス))とは、ファームウェアの一つで、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムである。BIOSソフトウェアはパーソナルコンピュータに組み込まれており、電源投入と同時に実行される。主な働きはハードウェアを初期化して記憶装置からブートローダーを呼び出すことで、そのほかにキーボードやディスプレイなどの入出力装置とプログラムが相互に作用するための抽象化した層(abstract layer)を提供する。システムのハードウェアの差異はBIOSによって隠され、プログラムはハードウェアに直接アクセスするのではなくBIOSが提供するサービスを利用する。近代的なオペレーティングシステム(OS)はこの抽象化層(abstract layer)を使用せず、OS自身が持つデバイスドライバでハードウェアに直接制御する場合がある。IBM PC/XTのオリジナルのBIOSではユーザーインターフェースを提供せず、設定は基板上のジャンパスイッチで行ない、システムに不具合がある場合はエラーメッセージの表示とブザー音でエラーを通知した。近代的なWintelベースのコンピュータでは、起動時に特定のキーを押すことでセットアップルーチンが起動し、画面とキーボードで設定を行えるようになっている。1980年代より1990年代中盤まで独占的な地位を占めていたMS-DOSはディスク、キーボード、画面表示などでBIOSのサービスに依存していたが、MS Windows NT, Linux, その他プロテクトモードで動作するオペレーティングシステムでは一般に、BIOSはOSのロードと起動までを担い、起動後にはBIOSを使用しない。すべてのBIOS実装は特定のコンピュータまたはマザーボード機種毎に実装され、装備するデバイスとチップセットのインターフェースを担う。BIOSはマザーボード上の不揮発性メモリに格納されており、コンピューターのモデル毎に設計されている。初期のモデルではEP-ROM等に格納され、BIOSを書き換える場合はマザーボードからチップを取り外し、専用の書き換え装置で書き換えてからマザーボードに再度装着する必要があった。近代的なコンピュータではフラッシュメモリに格納され、マザーボードから取り外さなくても書き換えが可能になっている。これによりBIOSの更新やバグフィックスが容易になった代わりに、BIOSがRootkitに対して脆弱になる可能性が生じている。BIOSテクノロジーは、2010年からUEFIに向けての移行の途上にある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5956 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57558805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Basic Input/Output System(ベーシック インプット/アウトプット システム、頭字語:BIOS(バイオス))とは、ファームウェアの一つで、コンピュータに搭載されたプログラムのうち、ハードウェアとの最も低レベルの入出力を行うためのプログラムである。BIOSソフトウェアはパーソナルコンピュータに組み込まれており、電源投入と同時に実行される。主な働きはハードウェアを初期化して記憶装置からブートローダーを呼び出すことで、そのほかにキーボードやディスプレイなどの入出力装置とプログラムが相互に作用するための抽象化した層(abstract layer)を提供する。システムのハードウェアの差異はBIOSによって隠され、プログラムはハードウェアに直接アクセスするのではなくBIOSが提供するサービスを利用する。近代的なオペレーティングシステム(OS)はこの抽象化層(abstract layer)を使用せず、OS自身が持つデバイスドライバでハードウェアに直接制御する場合がある。IBM PC/XTのオリジナルのBIOSではユーザーインターフェースを提供せず、設定は基板上のジャンパスイッチで行ない、システムに不具合がある場合はエラーメッセージの表示とブザー音でエラーを通知した。近代的なWintelベースのコンピュータでは、起動時に特定のキーを押すことでセットアップルーチンが起動し、画面とキーボードで設定を行えるようになっている。1980年代より1990年代中盤まで独占的な地位を占めていたMS-DOSはディスク、キーボード、画面表示などでBIOSのサービスに依存していたが、MS Windows NT, Linux, その他プロテクトモードで動作するオペレーティングシステムでは一般に、BIOSはOSのロードと起動までを担い、起動後にはBIOSを使用しない。すべてのBIOS実装は特定のコンピュータまたはマザーボード機種毎に実装され、装備するデバイスとチップセットのインターフェースを担う。BIOSはマザーボード上の不揮発性メモリに格納されており、コンピューターのモデル毎に設計されている。初期のモデルではEP-ROM等に格納され、BIOSを書き換える場合はマザーボードからチップを取り外し、専用の書き換え装置で書き換えてからマザーボードに再度装着する必要があった。近代的なコンピュータではフラッシュメモリに格納され、マザーボードから取り外さなくても書き換えが可能になっている。これによりBIOSの更新やバグフィックスが容易になった代わりに、BIOSがRootkitに対して脆弱になる可能性が生じている。BIOSテクノロジーは、2010年からUEFIに向けての移行の途上にある。
rdfs:label
  • Basic Input/Output System
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of