Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 車騎将軍(しゃきしょうぐん)は前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。漢においては初期は灌嬰などの将、文帝の外戚薄昭などが就任し、以後、主に皇帝の信任する者や外戚が就任して軍事権を握った。『続漢書』百官志によれば、常に置かれるわけではなく、反乱の征伐を掌り兵を指揮する。将軍位としては大将軍、驃騎将軍に次ぎ、衛将軍の上位に当たる。属官には長史、司馬(それぞれ官秩は千石)、従事中郎(官秩六百石)がいる。兵を領する場合、部・曲が置かれる。部には校尉(官秩比二千石)、軍司馬(官秩比千石)が置かれる。部の下に曲があり、軍候(官秩比六百石)が置かれる。曲の下には屯があり、屯長(官秩比二百石)が置かれる。曹魏では、二品官であった。蜀漢は、廖化・張翼なる武官を「右車騎将軍」「左車騎将軍」に任じている。その後徐々に格が上がり、晋では儀同三司となり、さらに北魏では一品官となり、位三司上となった。隋代には驃騎府・車騎府が府兵制の中核となったため、車騎将軍は車騎府の指揮官として驃騎将軍に属して府兵を率いた。大業3年には驃騎府・車騎府が統合され鷹揚府となり、府の指揮官は鷹揚郎将となった。唐に入ると驃騎府・車騎府が復活したが、貞観年間に再び折衝府に統合され、府の指揮官は折衝都尉となった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1519148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47200650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 車騎将軍(しゃきしょうぐん)は前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。漢においては初期は灌嬰などの将、文帝の外戚薄昭などが就任し、以後、主に皇帝の信任する者や外戚が就任して軍事権を握った。『続漢書』百官志によれば、常に置かれるわけではなく、反乱の征伐を掌り兵を指揮する。将軍位としては大将軍、驃騎将軍に次ぎ、衛将軍の上位に当たる。属官には長史、司馬(それぞれ官秩は千石)、従事中郎(官秩六百石)がいる。兵を領する場合、部・曲が置かれる。部には校尉(官秩比二千石)、軍司馬(官秩比千石)が置かれる。部の下に曲があり、軍候(官秩比六百石)が置かれる。曲の下には屯があり、屯長(官秩比二百石)が置かれる。曹魏では、二品官であった。蜀漢は、廖化・張翼なる武官を「右車騎将軍」「左車騎将軍」に任じている。その後徐々に格が上がり、晋では儀同三司となり、さらに北魏では一品官となり、位三司上となった。隋代には驃騎府・車騎府が府兵制の中核となったため、車騎将軍は車騎府の指揮官として驃騎将軍に属して府兵を率いた。大業3年には驃騎府・車騎府が統合され鷹揚府となり、府の指揮官は鷹揚郎将となった。唐に入ると驃騎府・車騎府が復活したが、貞観年間に再び折衝府に統合され、府の指揮官は折衝都尉となった。
rdfs:label
  • 車騎将軍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:称号・役職 of
is foaf:primaryTopic of