Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 表面張力(ひょうめんちょうりょく、英語: surface tension)は、表面をできるだけ小さくしようとする性質のことで、界面張力の一種である。界面とは、ある液体や固体の相が他の相と接している境界のことである。このうち、一方が液体や固体で、もう一方が気体の場合にその界面を表面という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2103115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56177118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cgs
  • ダイン毎センチメートル
prop-ja:m
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:si
  • ニュートン毎メートル
prop-ja:t
  • -2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • 表面張力
prop-ja:英語
  • surface tension
prop-ja:記号
  • γ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 表面張力(ひょうめんちょうりょく、英語: surface tension)は、表面をできるだけ小さくしようとする性質のことで、界面張力の一種である。界面とは、ある液体や固体の相が他の相と接している境界のことである。このうち、一方が液体や固体で、もう一方が気体の場合にその界面を表面という。
rdfs:label
  • 表面張力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of