Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 顕光(ふじわら の あきみつ)は、平安時代中期の公卿。父の藤原兼通が関白になると、昇進して公卿に列するが、兼通の死後はその弟の兼家、その子道長に実権を奪われる。無能者として知られ、朝廷の儀式で失態を繰り返して世間の嘲笑を買った。晩年、左大臣に上るが失意のうちに死去し、道長の家系に祟りをなしたと恐れられ、悪霊左府と呼ばれた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 392759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58088372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
  • 顕光、媓子、時光、朝光、遠光、光昭、正光、婉子、親光、用光
prop-ja:別名
  • 堀河左大臣、悪霊左府
prop-ja:
prop-ja:
  • 重家、元子、延子、重慶、顕忠
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-25
prop-ja:氏名
  • 藤原顕光
prop-ja:氏族
  • 藤原北家九条流
prop-ja:父母
  • 父:藤原兼通、母:昭子女王(元平親王の娘)
prop-ja:生誕
  • 天慶7年(944年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 顕光(ふじわら の あきみつ)は、平安時代中期の公卿。父の藤原兼通が関白になると、昇進して公卿に列するが、兼通の死後はその弟の兼家、その子道長に実権を奪われる。無能者として知られ、朝廷の儀式で失態を繰り返して世間の嘲笑を買った。晩年、左大臣に上るが失意のうちに死去し、道長の家系に祟りをなしたと恐れられ、悪霊左府と呼ばれた。
rdfs:label
  • 藤原顕光
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of