Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 藤原 兼家(ふじわら の かねいえ)は、平安時代の公卿。右大臣藤原師輔の三男。策略によって花山天皇を退位させて、娘が生んだ一条天皇を即位させて摂政となった。その後右大臣を辞して摂政のみを官職として、摂関の地位を飛躍的に高め、また息子の道隆にその地位を譲って世襲を固める。以後、摂関は兼家の子孫が独占し、兼家は東三条大入道殿と呼ばれて尊重された。兄藤原兼通との激しい確執や、妻の一人に『蜻蛉日記』の作者・藤原道綱母がいる事でも知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 134360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57957474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:
  • 正室:藤原時姫(藤原中正の娘)
prop-ja:
  • 道隆、超子、道綱、道兼、詮子、道義、道長、綏子
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 法興院
prop-ja:改名
  • 兼家→如実(法号)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --07-02
prop-ja:氏名
  • 藤原兼家
prop-ja:氏族
  • 藤原北家九条流
prop-ja:父母
  • 母:藤原盛子(藤原経邦の娘)
  • 父:藤原師輔
prop-ja:生誕
  • 延長7年(929年)
prop-ja:画像
  • Fujiwara no Kaneie.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 藤原 兼家(ふじわら の かねいえ)は、平安時代の公卿。右大臣藤原師輔の三男。策略によって花山天皇を退位させて、娘が生んだ一条天皇を即位させて摂政となった。その後右大臣を辞して摂政のみを官職として、摂関の地位を飛躍的に高め、また息子の道隆にその地位を譲って世襲を固める。以後、摂関は兼家の子孫が独占し、兼家は東三条大入道殿と呼ばれて尊重された。兄藤原兼通との激しい確執や、妻の一人に『蜻蛉日記』の作者・藤原道綱母がいる事でも知られている。
rdfs:label
  • 藤原兼家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of