Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会的市場経済(しゃかいてきしじょうけいざい、英語: Social market economy、ドイツ語: Soziale Marktwirtschaft)とは、社会福祉政策と経済政策の思想で、「自由競争に基いて自由な創意工夫を、経済的効率性に裏打ちされた社会福祉的進歩へとつなげること」を目的としている。この概念は解釈がなければ理解できず、その多義性ゆえに場合によっては政治スローガンと見られることもある。「社会的市場経済」の名称および概念の起源は、ドイツの国民経済学者で文化社会学者のアルフレート・ミュラー=アルマックに端を発する。彼によれば、この考え方には、市場での自由の原理を社会的融和と結びつける平和神学的な公式がある。政治家のルートヴィヒ・エアハルトは、この名称を政治的に好都合だと考えて用いた。社会的市場経済は、1930年代と40年代、オルド自由主義、特にヴァルター・オイケン、フランツ・ベーム、アレクサンダー・リュストーなどの思想を受け継いでいる。しかし、例えば景気策や社会福祉政策などにおけるプラグマティズムにも影響を受けている。「社会的市場経済」は、ドイツとオーストリアの経済構造を示す名称としても使われている。1990年の東西ドイツ基本条約のなかで、通貨・経済・社会同盟のための共通経済秩序としても合意され、また2009年には国際金融危機の克服のための「輸出品」となるべきだと宣伝された。リスボン条約によれば、EUは完全雇用と社会福祉的進歩を伴って「世界と競合可能な社会的市場経済」を作るよう努めている。国際的には、ライン型資本主義と呼ばれることもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2752890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 102107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58849493 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:autor
  • Alexander Rüstow
  • Alfred Müller-Armack
  • Anthony J. Nicholls
  • Bernhard Löffler
  • Christian Watrin
  • Hans Willgerodt
  • Joachim Zweynert
  • Josef Mooser
  • Knut Wolfgang Nörr
  • Mark E. Spicka
  • Michael von Prollius
  • Werner Abelshauser
  • Winfried Becker
prop-ja:band
  • 9 (xsd:integer)
  • Band 135
prop-ja:doi
  • 10.100700 (xsd:double)
prop-ja:herausgeber
  • Günter Brakelmann, Traugott Jähnichen
  • Manfred Hettling/Bernd Ulrich
  • Patrick Boarman
  • Rainer A. Roth/Walter Seifert
  • Wolfram Fischer
prop-ja:isbn
  • 3 (xsd:integer)
  • 978 (xsd:integer)
  • 0978-03-16 (xsd:date)
prop-ja:jahr
  • 1932 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1966 (xsd:integer)
  • 1979 (xsd:integer)
  • 1980 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 1994 (xsd:integer)
  • 2002 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
  • 2005 (xsd:integer)
  • 2006 (xsd:integer)
  • 2007 (xsd:integer)
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:ort
  • Oxford
  • Dresden
  • Stuttgart
  • München
  • Hamburg
  • Berlin
  • Freiburg i. Br.
  • Gütersloh
  • Heidelberg
  • Köln/ Wien
  • Stuttgart [u. a.]
prop-ja:sammelwerk
  • Währungsreform und Soziale Marktwirtschaft. Erfahrungen und Perspektiven nach 40 Jahren
  • Bürgertum nach 1945
  • Der Christ und die Soziale Marktwirtschaft
  • Deutschland und die Weltkrise
  • Handwörterbuch der Sozialwissenschaften
  • Zeitschrift für die gesamte Staatswissenschaft
  • Die zweite deutsche Demokratie. Ursprünge, Probleme, Perspektiven
prop-ja:seiten
  • 134 (xsd:integer)
  • 334 (xsd:integer)
  • 390 (xsd:integer)
  • 405 (xsd:integer)
prop-ja:titel
  • Die Soziale Marktwirtschaft als politische Integrationsformel
  • Die Republik der Wirtschaft: Von der sozial-liberalen Koalition bis zur Wiedervereinigung, Teil 2
  • Liberalismus und Gesellschaft nach 1945. Soziale Marktwirtschaft und Neoliberalismus am Beispiel von Wilhelm Röpke
  • Freedom with Responsibility. The Social Market Economy in Germany, 1918–1963
  • Deutsche Wirtschaftsgeschichte nach 1945
  • Deutsche Wirtschaftsgeschichte seit 1945
  • Freie Wirtschaft – starker Staat
  • Soziale Marktwirtschaft
  • Die Entscheidung für eine neue Wirtschaftsordnung nach 1945. Christliche Werte in der Sozialen Marktwirtschaft Ludwig Erhards
  • Die protestantischen Wurzeln der Sozialen Marktwirtschaft. Ein Quellenband
  • Wirtschaftsethische Probleme der sozialen Marktwirtschaft
  • The Principles of the Social Market Economy—Its Origins and Early History
  • Wirtschaftsordnung und Wirtschaftspolitik. Studien und Konzepte zur Sozialen Marktwirtschaft und zur europäischen Integration
  • Wertvorstellungen und theoretische Grundlagen des Konzepts der Sozialen Marktwirtschaft
  • Selling the Economic Miracle: Economic Reconstruction and Politics in West Germany, 1949-1957
  • Soziale Marktwirtschaft und administrative Praxis. Das Bundeswirtschaftsministerium unter Ludwig Erhard
prop-ja:verlag
  • UTB
  • Berghahn Books
  • C.H. Beck
  • Mohr Siebeck
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会的市場経済(しゃかいてきしじょうけいざい、英語: Social market economy、ドイツ語: Soziale Marktwirtschaft)とは、社会福祉政策と経済政策の思想で、「自由競争に基いて自由な創意工夫を、経済的効率性に裏打ちされた社会福祉的進歩へとつなげること」を目的としている。この概念は解釈がなければ理解できず、その多義性ゆえに場合によっては政治スローガンと見られることもある。「社会的市場経済」の名称および概念の起源は、ドイツの国民経済学者で文化社会学者のアルフレート・ミュラー=アルマックに端を発する。彼によれば、この考え方には、市場での自由の原理を社会的融和と結びつける平和神学的な公式がある。政治家のルートヴィヒ・エアハルトは、この名称を政治的に好都合だと考えて用いた。社会的市場経済は、1930年代と40年代、オルド自由主義、特にヴァルター・オイケン、フランツ・ベーム、アレクサンダー・リュストーなどの思想を受け継いでいる。しかし、例えば景気策や社会福祉政策などにおけるプラグマティズムにも影響を受けている。「社会的市場経済」は、ドイツとオーストリアの経済構造を示す名称としても使われている。1990年の東西ドイツ基本条約のなかで、通貨・経済・社会同盟のための共通経済秩序としても合意され、また2009年には国際金融危機の克服のための「輸出品」となるべきだと宣伝された。リスボン条約によれば、EUは完全雇用と社会福祉的進歩を伴って「世界と競合可能な社会的市場経済」を作るよう努めている。国際的には、ライン型資本主義と呼ばれることもある。
rdfs:label
  • 社会的市場経済
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ideology of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ideology of
is prop-ja:政治的思想・立場 of
is foaf:primaryTopic of