Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 癌胎児性抗原(癌たいじせいこうげん、英: Carcinoembryonic antigen, CEA)は、腫瘍マーカーの一つで、細胞接着因子に関係する分子量約20万の糖タンパク質の一つ。ヒトの大腸癌組織と胎児の腸管から発見された蛋白で有った事が呼称の由来となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1326254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55578479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 癌胎児性抗原(癌たいじせいこうげん、英: Carcinoembryonic antigen, CEA)は、腫瘍マーカーの一つで、細胞接着因子に関係する分子量約20万の糖タンパク質の一つ。ヒトの大腸癌組織と胎児の腸管から発見された蛋白で有った事が呼称の由来となった。
rdfs:label
  • 癌胎児性抗原
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of