Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 治安警察法(ちあんけいさつほう、明治33年3月10日法律第36号)は、日清戦争後に高まりを見せ始め、先鋭化しつつあった労働運動を取り締まる為に、第二次山県有朋内閣時に制定された法律である。それまで自由民権運動を念頭に置いて政治活動の規制を主な目的としていた集会及政社法に、労働運動の規制という新たな機能を付加した上で継承発展させる形で制定された。敗戦直後の1945年11月に廃止された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 410394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56547799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
  • [{{NDLDC|788016/50}} 国立国会図書館近代デジタルライブラリー]
prop-ja:内容
  • 政治活動の規制等
prop-ja:効力
  • 廃止
prop-ja:番号
  • --03-10
prop-ja:種類
  • 治安立法
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 治安警察法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 治安警察法(ちあんけいさつほう、明治33年3月10日法律第36号)は、日清戦争後に高まりを見せ始め、先鋭化しつつあった労働運動を取り締まる為に、第二次山県有朋内閣時に制定された法律である。それまで自由民権運動を念頭に置いて政治活動の規制を主な目的としていた集会及政社法に、労働運動の規制という新たな機能を付加した上で継承発展させる形で制定された。敗戦直後の1945年11月に廃止された。
rdfs:label
  • 治安警察法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:動機 of
is prop-ja:概要 of
is prop-ja:解散理由 of
is foaf:primaryTopic of